Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/85-5f7f9877

-件のトラックバック

-件のコメント

[C152]

初めまして。渡米6ヶ月の新米同業者です。いつも楽しく拝見しております。アメリカ政府が鳥インフルエンザにやっきになっているのを見ると、何故狂牛病には関心がないのにこっちは一生懸命なんだろう、、、と思って不思議ですv-532まあ要は経済効果の問題なんでしょうけれど、、、。

[C153]

多分、プリオンは人から人への感染がないけど、ウィルスは何が起こるかわからないので、人でのアウトブレークしたときのことが心配なのでしょう。

[C169] はじめまして

タミフルについては、1歳未満の幼児に投与してはならないそうですね。副作用死がかなり多いのだとか。
しかし、この事についてメーカーが医師・病院側に注意しているにもかかわらず、おかまいなしに処方してしまう医師が大勢いるそうです。現状でこのような有様なのに、もし本当に新型インフルエンザが発生したら、それこそパニックになってしまい、限られた量しかない薬剤がムダに使用されるばかりか、かえって最悪な結果を招くことになりかねませんね。

[C170]

なるほど、幼児には注意ですね。それにしても、この国、コーヒーに入れる砂糖、サラダにかけるドレッシング、同様に、たとえ薬であっても大量に飲めば効くと思っているような気がしてならないね。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

バード・フル

日本ではおなじみの鳥インフルエンザだが、最近アメリカでもこの話題
が増えてきた。アメリカでは、この現象は日本や中国を含めた南アジアの現象だという具合に高を括っていたところがあったが、鳥インフルエンザがとうとうロシア、ルーマニア、そしてトルコで発生した事を重視して、アメリカも慌て始めたようだ。

アメリカは日本よりも『予防』という観点で、日本よりも進んでいる。今日のAP配信のABCのニュースによると(記事はこちら)、基本的には鳥インフルエンザ(アメリカではbird flu=バード・フル)は人に感染することもあるが、基本的には鳥と鳥の間で感染するのが一般的な見解だが、アメリカでは、もしこの鳥インフルエンザのウィルスが突然変異を起こして容易に人から人へ感染するようになれば、1918年に世界的に大流行した感染症ひ匹敵するだけの犠牲をもたらすと考えているようだ。

Health and Human Service(日本で言う厚生労働省)のLeavitt長官は、『もし、人から人へ感染するタイプに変異した場合、危険はどこにでも存在する事になる』と、アメリカではまだ一例も鳥インフルエンザが報告されていないのにもかかわらず、こういった発言をしている。実際に長官と政府高官が既に、南アジアでの鳥インフルエンザの現状とその取り組みを視察を終えている。さらに、既にインフルエンザに対する国際的協力に約40億円を計上している。実際に、使えるワクチンの開発を急ぐために、ベトナムでのワクチン開発に積極的な支援を表明しており、開発されたワクチンの効果をアメリカで試す事を提案しているという。

こういったところにアメリカの危機管理意識の高さが伺える。重要なことは最悪の自体を考えて行動する事なのかもしれない。しかし、ただ神経質になりすぎるあまり、Tamifulと呼ばれる抗ウィルス薬が需要が逼迫しているそうだ。今日付けのワシントンポストによれば、この薬は南アジアで流行したH5N1型の鳥インフルエンザに効くといわれているからだ。しかし、この行き過ぎた不安は、本当に必要なときに必要な人にこの薬が行き渡らないという事態を憂慮させるため、必要もない患者からこの薬の処方箋を頼まれても拒否する内科医が増えているいう(記事はこちら)。

日本のように、実際に鳥インフルエンザで何万羽も鶏が焼却処分されていても、政府の広報では、『人に移ることはまれですので・・』とういう国からすれば、アメリカはまだ危機管理が進んでいるかもしれないが、この極端なアメリカの反応もどうかと?と想う・・。

←ここをクリックして『人気ブログランキング』に1票
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/85-5f7f9877

0件のトラックバック

4件のコメント

[C152]

初めまして。渡米6ヶ月の新米同業者です。いつも楽しく拝見しております。アメリカ政府が鳥インフルエンザにやっきになっているのを見ると、何故狂牛病には関心がないのにこっちは一生懸命なんだろう、、、と思って不思議ですv-532まあ要は経済効果の問題なんでしょうけれど、、、。

[C153]

多分、プリオンは人から人への感染がないけど、ウィルスは何が起こるかわからないので、人でのアウトブレークしたときのことが心配なのでしょう。

[C169] はじめまして

タミフルについては、1歳未満の幼児に投与してはならないそうですね。副作用死がかなり多いのだとか。
しかし、この事についてメーカーが医師・病院側に注意しているにもかかわらず、おかまいなしに処方してしまう医師が大勢いるそうです。現状でこのような有様なのに、もし本当に新型インフルエンザが発生したら、それこそパニックになってしまい、限られた量しかない薬剤がムダに使用されるばかりか、かえって最悪な結果を招くことになりかねませんね。

[C170]

なるほど、幼児には注意ですね。それにしても、この国、コーヒーに入れる砂糖、サラダにかけるドレッシング、同様に、たとえ薬であっても大量に飲めば効くと思っているような気がしてならないね。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

simple digital clock


X-DAY

Flashカレンダー

ブログ内検索

プロフィール

露と落ち 露と消えにし
わが身かな
浪速のことも 夢のまた夢
豊臣秀吉
人生なんて、そんなものかもね

stayus

Author:stayus
【ブログランキング参加中】


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

FC2 Blog アメリカ・カナダ・ハワイ ランキング

アフィリエート・広告

edita.jp【エディタ】

Google PageRank

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。