Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/49-ea3ed757

-件のトラックバック

-件のコメント

[C125] ほほぅなるほど

なかなか興味深いアドバイスありがとうございました。
確かに(いろんな意味でだけど、笑)ヤリ手が多い気がしますね。ダメな人は所詮消えていくだろうし。実績、これですね。
ところでクローン動物と言えば、何故か寿命が短いとか聞きますが。ホスト側の細胞にある何らかの情報(mtDNAとか?)が影響しているとか聞いたような気がしますが実際どうなんでしょうねえ?食べ物としては関係ないのかな?

[C126]

実績が重要ですね。
ところで、クローン動物は早く死ぬみたいですが、なんか問題ありそうですね。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ついにクローン動物を食べる日が来る

アメリカにはFDAという機関がある。これは、Food and Drug Administrationの略
で、主に食品と薬品の許認可権を有している。新薬の認可もここで行われる。このFDAがクローン動物から取れるミルクや肉類を食品として認可するという方針をほぼ決めたらしい。

まぁ、クローン羊のドリーが誕生して以来、動物のクローニングは技術的には確立された方法になってきた。実際に、これらのクローニング動物から生まれた子孫から取れた牛乳や肉が市場に出回っていることも確かで、これに対して、FDAは明確な基準を示してこなかった。今日のワシントンポスト電子版によると(記事はこちら)これからは多くのアメリカ人が自分達の子供にクローンミルクを与え、クローン牛の肉でバーベキューを楽しむことになるだろう、と言っている。しかしながら、Food Information Councilによると、たとえFDAが安全だと認めても、このようなクローン動物からの卵やミルク、それに肉を食べるか、というアンケートでは、63%の人が『食べない』と答えたらしい。現実的には、かなり抵抗があるようだ。しかし、このような現実が来るのも時間の問題だと言うことになりそうだ。

記事によると、アメリカの各地で開かれる農産物品評会での選ばれる家畜のストックのために現在では、クローン技術が急速に取り入れられていると言う。Prairie State Semen Inc.は品評会用の豚をブリーディングしている会社だが、社長のFisher氏のインタービューが掲載されていた。Fisher氏は、1997年に、約$43.000で品評会で優勝したHampshire boar(豚の一種)を買い取ったことから事業をスタートさせた。しかし、2001年に、この豚が突然死んだため、彼は、悲しむことも無く耳を切り取りウィンスコンシン州のクローニング会社にサンプルとして送り、6匹のこの豚のクローンを得たと言う。現在では、他の会社にクローニングを依頼しているものの、1匹あたりのコストはわずか$6000で、品評会で優勝した豚を買うよりも安いと言うのだ。彼の会社は、これらの豚の精子を、養豚を研究しながら品評会で評価される豚の開発を目指して研究している学生に送り続けてきたのだ。これら、品評会で賞を取った動物は肉屋に売られ、既に市場に出回っていると、彼は証言しいる。

このFisher氏に対して、FDAは書面で、『FDAはすでに、クローン動物が市場に出回っているといううわさを聞いているが、この事を証明しようとするつもりは無い』と、ほぼ容認の回答している。

クローン動物は、『既に私達が食べた動物のコピー』であるから、全く問題が無いと、専門家は言う。ワシントンポストの記事では、アメリカと日本の共同研究でも、栄養的にも申し分ないという結果が出ていると、紹介している。しかし、ある科学者は、『殆ど認識するのは難しいくらいだが、健康なクローン動物にも遺伝子的な異常があるのは事実』だと言う。しかしながら、これらの異常は食品の価値には影響を与えず、しかも、その子孫には受け継がれないと言うのが、大半の見方らしい。

FDAは最終的な決断を下してはいないが、クローン動物が食品として出回った時には、クローン動物由来のものかどうかの表示の義務付けを行わない方針を固めている。だから、市場に大量に出回れば、もう全く区別が付かなくなるのだ。

FDAが認可すれば、アメリカには急速にクローンで誕生した家畜が広まることになるだろう。安定して質の高い食品を供給する確率が高まり、ビジネスとしてリスクが減るからだ。まぁ、これも科学が進歩した自然な成り行きかもしれないが、それにしても、ほんとに、人体に影響は無いのだろうか?まぁ、そんなことは誰にもわからないが、アメリカでこれが時間の問題なら、そのうち日本でも認可されることになろう。しかし、それ以前に日本人もクローン動物に晒されるかもね。アメリカから輸入されてきた食品がクローンか、そうでないかを見極めることは殆ど不可能だから・・。
←ここをクリックして『人気ブログランキング』に1票
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/49-ea3ed757

0件のトラックバック

2件のコメント

[C125] ほほぅなるほど

なかなか興味深いアドバイスありがとうございました。
確かに(いろんな意味でだけど、笑)ヤリ手が多い気がしますね。ダメな人は所詮消えていくだろうし。実績、これですね。
ところでクローン動物と言えば、何故か寿命が短いとか聞きますが。ホスト側の細胞にある何らかの情報(mtDNAとか?)が影響しているとか聞いたような気がしますが実際どうなんでしょうねえ?食べ物としては関係ないのかな?

[C126]

実績が重要ですね。
ところで、クローン動物は早く死ぬみたいですが、なんか問題ありそうですね。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

simple digital clock


X-DAY

Flashカレンダー

ブログ内検索

プロフィール

露と落ち 露と消えにし
わが身かな
浪速のことも 夢のまた夢
豊臣秀吉
人生なんて、そんなものかもね

stayus

Author:stayus
【ブログランキング参加中】


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

FC2 Blog アメリカ・カナダ・ハワイ ランキング

アフィリエート・広告

edita.jp【エディタ】

Google PageRank

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。