Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/482-e15f37ba

-件のトラックバック

-件のコメント

[C929] 臓器移植

ご無沙汰しています。
腎臓が二つあるのには理由があって、他の臓器に比べ壊れやすいのです。だからスペアーが要るわけで、決して余分に存在しているのではありません。現に私は、腎臓が片方しか機能していません。
私が臓器移植や代理出産に反対なのは、正にこちらのエントリーにあるような事が、日常的になっていく可能性が高いからです。
規模が小さいうちはヒューマニズムで済みますが、規模が拡がっていけば、やがて市場経済にのみ込まれます。そうすると貧しい人の臓器(代理出産なら女性の胎内)が、豊かな人のために提供されるようになっていきます。
インドなど貧しい国では、既に臓器売買がビジネスになっているという現実を直視する必要があるでしょう。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

腎臓の値段

最近は少し寒気が緩んですごしやすくなったかな。
ところで、おとといから見た記事が気になって、また読んでみたんだけど、

インドの国のMohd Salimという人が、地元のNDTVテレビに出演して語ったコメント、

“When I woke up, I had pain in my lower abdomen and I was told that my kidney had been removed.” (「起きたら、下っ腹に痛みを感じたので、あれっと思ったら 『あなたの腎臓は摘出されました』、と言われました」)

怖いね。


CBSの記事よれば、このSalimさん、脅かされて無理やり睡眠薬を飲まされて、血液をとられたと思ったら、意識がなくなったそうな・・。その後目覚めたときのコメントがこれだったとか・・。

これで、この事件が発覚したかどうかは知らないが、インド当局によれば、これまでに低所得層のインド人から相次いで腎臓が摘出されて、違法に摘出された腎臓はブローカーを通じて腎臓移植を待つ人に斡旋されているとか・・。腎摘出に携わった医師によれば、400-500人から摘出を行ったと言うから、結構、日常茶飯事?

なんで、これがアメリカでニュースになっているかというと、代金を払ってインドで腎移植を待っていたのは、アメリカ人だったとから。もちろん、インドでは臓器の売り買いは禁止されているので、このアメリカ人の身柄も拘束されたとか・・。

もちろん、腎臓は2個あるから、1個摘出しても生きていくことは出来る。しかし、俺が驚いたのは、腎臓一個の対価だ。記事によれば、平均で、$1250-2250といから、安いね。売りたくて売っているのか、それともだまされて買い取られているのか、その真相は私などには知る由もないが、せっかく親からもらった命の一部をこんなに簡単に売り買いされるなんて、悲しい時代だね。中国でも同じような話があったような気もしたが、しかし、世界では食べるものもなくてこうやって困っている人もいることを考えれば、アメリカで文句ばかり言って生きている自分も悲しくもなるかな・・。

じゃ、またね。

←ここをクリックして『人気ブログランキング』に1票
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/482-e15f37ba

0件のトラックバック

1件のコメント

[C929] 臓器移植

ご無沙汰しています。
腎臓が二つあるのには理由があって、他の臓器に比べ壊れやすいのです。だからスペアーが要るわけで、決して余分に存在しているのではありません。現に私は、腎臓が片方しか機能していません。
私が臓器移植や代理出産に反対なのは、正にこちらのエントリーにあるような事が、日常的になっていく可能性が高いからです。
規模が小さいうちはヒューマニズムで済みますが、規模が拡がっていけば、やがて市場経済にのみ込まれます。そうすると貧しい人の臓器(代理出産なら女性の胎内)が、豊かな人のために提供されるようになっていきます。
インドなど貧しい国では、既に臓器売買がビジネスになっているという現実を直視する必要があるでしょう。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

simple digital clock


X-DAY

Flashカレンダー

ブログ内検索

プロフィール

露と落ち 露と消えにし
わが身かな
浪速のことも 夢のまた夢
豊臣秀吉
人生なんて、そんなものかもね

stayus

Author:stayus
【ブログランキング参加中】


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

FC2 Blog アメリカ・カナダ・ハワイ ランキング

アフィリエート・広告

edita.jp【エディタ】

Google PageRank

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。