Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/46-4feeb583

-件のトラックバック

-件のコメント

[C117]

stayusさんが、渡米する時はやはりアメリカに対する希望みたいなのを抱いていかれたのですか?
それとも、仕事上でという感じでしょうか?
日本もなんだか、恐ろしい国になってきてます、色々な面で・・・
  • 2005-10-03
  • sakurako
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

やはり組織的?

Lynndie England、この名前を聞いた人があるかもしれないが、百聞は一見
にしかず、ということで、この写真で有名になった人です。
20051002235707.jpg
このように丸裸にされたイラクの捕虜を収容していたアブ・グレイブ刑務所で行われたアメリカの兵による虐待の写真は、結構、記憶に新しいのではないかと思う。もっと写真が見たい人は、NBCの記事からスライドショーでどうぞ

この写真に映っているアメリカ人兵士、左側がLynndie Englandだ。一緒に立っている男がCharles Granerで、現在10年の懲役を食らっている?(ちょっと不明)。先週かな、Lynndieにも懲役3年の判決が下りた。アメリカのNBC・Datelineという報道番組でこのEnglandへの独占イタビューを報道してた。

この醜態はこの2人の恋愛から始まったと言う。2003年6月にイラクに行くまでの間、Lynndieはこの14歳年上のCharles と恋に落ちてしまう。そして、Charlesと一緒に将来を約束しあうまでの間柄になって、当時、刑務所の護衛官として勤めていたcharlesと一緒にイラクへと行くことになるのだ。彼らに与えられた仕事は、アブ・グレイブ刑務所に収容されたイラクの捕虜を監視することであった。そこで、この事件が起こってしまう。

話を全部書くと長くなりすぎるし、知っている人も多いと思うが、アブ・グレイブ刑務所で、イラク捕虜へのアメリカ人兵士による虐待が行われた。全裸を公衆にさらけ出すことは、イスラムの教えをひどく傷つける行為である事を知っていながら、上の写真のように全裸にされた捕虜をピラミッドのように積んだり、裸にさせて女性の兵士の前で自慰行為をさせたり、手錠で独房のドアに貼り付けたり、凶暴なシェパードで脅したりさせた訳。まぁ、あげるときりが無い。すべてこのような虐待行為はアメリカが批准しているジュネーブ条約で禁止された行為である。最終的には、このような写真がリークしたのだが、そこで、もっとも、露出度が高かったのがこのLynndieだったと言うわけ。

誰が見ても、この若い(現在22歳)の女の兵士がすべてを執り行うほどの権限を与えられていたなど考えられるわけが無い。まぁ、いろいろなところで言われているように、俺様も軍での組織的な犯罪だと思う。

彼女のインタビューによると、すべて、このCharlesという男、つまり、自分の恋人の言うことを信じて行ったと言う。彼女は、捕虜を裸にしたこともなく、ただ、女の前で裸にされたイラク人捕虜の姿を面白がって見たがったアメリカ人兵士(男達)に利用されたと、いうことらしい。問題はこれが軍の組織的な犯行かどうかという点であるが、彼女はこれについても、はっきりとインタビューで答えていた。

彼女によると、MI(ミリタリー・インテリジェント、つまり軍幹部)が刑務所を訪れる前の晩になると、明日はどんな写真を撮って、MIに見せようかとうれしそうに話をしたという。それで彼らが考えて取ったこのような捕虜の写真を、MIに見せたと言う。彼女はその場にいたという。その写真を見せられた司令官達は、
“Oh, just keep up the good work.”
(いい仕事だ!続けてくれ。)とか
“Oh wow, can I get a copy of that?”
(おぉー、この写真のコピーを私にくれないか?)
というような事を言い、かれらの虐待を賛辞したと言う。

司会者が、『軍の幹部達は、このような虐待はごく限られた一部の小グループだけの間で行われたことで、誰1人としてこのような命令を下したものはいない。こんな行為が認められるわけは無い。』と主張しているが、と尋ねると、彼女は、"they’re wrong."と強く否定。理由は、このような写真が刑務所全体に行き渡っていたし、幹部もそのことを知っていた。なのに、幹部は“Oh, I didn’t see that.”と言ってるだけなのよ、と怒りにこめながら訴えていた。さらに、彼女は、MIのトップであるTom Pappasとういう人物を実名で公表し、『彼は、この事実を知っていた』とインタビューで証言した。

もちろん、彼女のやったことは悪いことだが、利用されたという彼女の無念さがインタビューを通して伝わってくる。しかも、彼女には既にこのCharlesの子供が誕生してるのだ。さらに悲哀なのが、にもかかわらず、このCharlesという男はすでにLynndieを捨てて、アブ・グレイブ刑務所のスキャンダルにかかわった別の女性兵士と結婚していると言う。なんか、この人かわいそうじゃない?と、同情したくなったけどね。

使われて、捨てられて、監獄に入れられる。

それにしても、アメリカっていう国も、とんでもないね。
悪い奴は日本にもアメリカにいるけど、長く住めば住むほど、この国には、失望させられるね。
もう、帰ろうかな、、日本に・・。笑。

←ここをクリックして『人気ブログランキング』に1票
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/46-4feeb583

0件のトラックバック

1件のコメント

[C117]

stayusさんが、渡米する時はやはりアメリカに対する希望みたいなのを抱いていかれたのですか?
それとも、仕事上でという感じでしょうか?
日本もなんだか、恐ろしい国になってきてます、色々な面で・・・
  • 2005-10-03
  • sakurako
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

simple digital clock


X-DAY

Flashカレンダー

ブログ内検索

プロフィール

露と落ち 露と消えにし
わが身かな
浪速のことも 夢のまた夢
豊臣秀吉
人生なんて、そんなものかもね

stayus

Author:stayus
【ブログランキング参加中】


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

FC2 Blog アメリカ・カナダ・ハワイ ランキング

アフィリエート・広告

edita.jp【エディタ】

Google PageRank

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。