Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/388-ed01d55f

-件のトラックバック

-件のコメント

[C700] あははは

あ~~楽しく拝見いたしました~(笑

生きてるのか枯れているのか分からない植物ありますよね~~あ~~お腹が痛いです笑いすぎて~


その地にへばりついている様なサボテンが面白いですね~~

そう一件がらくたというか死骸の様に見えるものでもなんか生前からそうなるまでの~足跡が読み取れる様で非常に

拝見してて楽しいです
ラブポッALLv-218v-73

[C703]

マリリンさん、呼んでくれてありがとう。

西部劇に出てくるサボテンはもう少し南に行かないと見れないといわれましたが、いろいろ変わったものがあるから結構楽しかったですよ。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

セドナへの旅 3

ベルロックの上に太陽が顔を出した。俺は、まだ岩山の上でじっと目の前の景色を眺めていた。

いつまでも見ても飽きない景色だった。

俺たちは、そのまま上ってきたトレールを逆にたどりながら、ベルロックのふもとまで無事に降りてきた。ここで、もと来た道を帰るか、さらに奥まで進んで、ベルロックの隣にあるコートハウス・バットと呼ばれる岩山のほうへ歩くか思案。

最終的に、せっかくだからということで隣の岩山も回って歩くことした。俺たちがベルロックを下ってから取ったトレールは下の地図に青線で示したとおり。

20070106000950.jpg


実はこのマップはトレールの入り口にあったもの。実際歩いているときには、マップも何もなかった。コートハウス・バットのほうへ歩いていくと決めたときも、一体どの程度の距離なるのかまったくわからなかった。しかし、実際歩き始めるとトレールのほとんどの部分は人で踏み固ためられた道で、地に迷わないように一定間隔で置石が施してあった。最終的に、ほぼ地図に示してあるとおり、元の駐車場にたどり着くまでに約3マイルほどを2時間かけて歩くことになった。

ベルロックを過ぎたあたりから、まだ午前中だということもあって、人がばったりと途絶えた。たまにサイクリングを楽しむ人が後から抜いていく程度。少し薄気味悪い。岩山のちょうど(裏)真正面あたりに来たときには、人が踏み込めるのか?と思うような少しワイルドな山道に。山道といっても潅木がほとんどで、自分より背の高い木はそんなになかったので、森に迷い込んだときのような薄暗さはなかった。

これがコートハウス・バットの全景。上のトレールマップの赤い矢印のあたりからとったもので、コートハウス・バットの後ろにはベルロックが写っている。

20070106002948.jpg


乾いた赤土の上を歩いていくうちに色々変わった植物を見つけた。よく見かけるのはこのように全身が炸裂したような木、地にへばりつくように生える丸いサボテン、それに白い生きているのか枯れているのかわからないような潅木。まさに見るものすべて異なる景色なので、歩いてても退屈しなかった。

sedona_day2_plants.jpg


このボルテックスと呼ばれる岩山らしいのが、このような木の枝があちこちにあったことだ。

sedona_day2_plant_tree.jpg


一見、ごくありふれた木の枝なんだけれど、よく見ると木が180度ねじれているんだよね。実際に生えている木の幹もこのようにねじれていたりするわけで、????とういう感じ。

俺は植物のことはよく知らないが、いったいなぜなんでしょうか?あるガイドブックによれば、これもボルテックスのエネルギーとやらおかげだとか・・??

俺たちが訪れたときは、真冬にもかかわらず日が高くなるにつれて汗ばむ陽気だった。歩き始めて2時間にもなるとかなり足もきつくなったが無事に何とか始発点に到着。

そうそう、歩いて、ヒーリング効果があったか?って?

いや、一番驚いたのが普段歩かない妻がこれだけ歩いてもピンピンしているのが何よりもヒーリング効果に違いなって、思ったね。

←ここをクリックして『人気ブログランキング』に1票
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/388-ed01d55f

0件のトラックバック

2件のコメント

[C700] あははは

あ~~楽しく拝見いたしました~(笑

生きてるのか枯れているのか分からない植物ありますよね~~あ~~お腹が痛いです笑いすぎて~


その地にへばりついている様なサボテンが面白いですね~~

そう一件がらくたというか死骸の様に見えるものでもなんか生前からそうなるまでの~足跡が読み取れる様で非常に

拝見してて楽しいです
ラブポッALLv-218v-73

[C703]

マリリンさん、呼んでくれてありがとう。

西部劇に出てくるサボテンはもう少し南に行かないと見れないといわれましたが、いろいろ変わったものがあるから結構楽しかったですよ。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

simple digital clock


X-DAY

Flashカレンダー

ブログ内検索

プロフィール

露と落ち 露と消えにし
わが身かな
浪速のことも 夢のまた夢
豊臣秀吉
人生なんて、そんなものかもね

stayus

Author:stayus
【ブログランキング参加中】


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

FC2 Blog アメリカ・カナダ・ハワイ ランキング

アフィリエート・広告

edita.jp【エディタ】

Google PageRank

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。