Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/339-2e798884

-件のトラックバック

[T32] 殺生ねえ

先週、ES細胞の研究支援のために連邦資金を投入する、とした上院の規制緩和法案を大統領が在任中初となる拒否権の行使により退けた。その主な理由として挙げられているのがthe destruction of "innocent human life"。要は無益な殺生はいかん、ということか。殺生

-件のコメント

[C533] すごすぎる。

1番上の写真、すごいですね。
お腹の肉で、ビキニのパンツが隠れてしまい、下半身裸に見えますね。
この手術で、簡単に痩せられる事を、みんな知って、どんどん肥満が、増えそうな気がしますが、、、
オレゴンは、全米一、肥満者が少ないと聞いていたんですが、それでも、日本では見たことないような、大きな人が居ます。
アメリカに来て、10ヶ月で、4KG増、ちょっとやばいですね。気を付けなくては!

[C534] はじめまして

私も去年までアメリカに住んでいました。知り合いのお母さんは太りすぎで、公共の交通手段は使えないと言ってました。地下鉄の改札が通れないみたいです!

[C535]

そうですね、なんか太っても手術したら治るとかいって全然反省しなさそうですね。同感です。ちなみにオレゴンの肥満の割合は10-24%でしたね。だから少なくないみたいですよ。
  • 2006-07-21
  • ⇒Risaさん@stayus
  • URL
  • 編集

[C536]

yewkiさん、いらっしゃい。NYの地下鉄の改札は特に狭いですからね。また、遊びに来てください。
  • 2006-07-21
  • ⇒yewkiさん@stayus
  • URL
  • 編集

[C547] 知ってるわ~

ここまでなると早死になりそうですよね、、

イをぱいぷかぅっとするなど一部の国ではやっててそのけっかやせるらしいですが、

やせても肉のだぶつきが大変そうですv-218v-227

[C552]

マリリンさん。なかなか一度伸びた皮膚が元に戻るのには時間がかかりそうですね。
  • 2006-07-23
  • ⇒マリリンさん@stayus
  • URL
  • 編集

[C554] 伸びた皮膚?

うん伸びた皮膚は元に戻りにくいので

そんな人の場合は手術するらしいです

Stayusさんは太って折られるの?あはは

[C557]

マリリンさん、いらっしゃい。なるほど、戻らない場合は手術するわけですね。大変だ・・。
  • 2006-07-25
  • ⇒マリリンさん@stayus
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

肥満になったら・・?

相変わらず暑い。アメリカの今年の夏は熱波が到来している。ニューヨーク、ニュージャージーでは消費電力超過で停電が相次いでるようだ。
今日もいろいろニュースを見ていたら、ようやくセネター(上院)でアメリカで現在制限されているステム・セルの研究を緩和する動きが出来たのに、ブッシュはこれに対して拒否権使ってチャラにしてしまった。理由は、『人の倫理感を超越しているから』だとか・・。そうかな・・、俺的には単に『あなたの理解を超越してるだけじゃないの』と心で呟いてみたが・・。

ところで、今日は『肥満』の話でもするか・・・。俺のダイエットも既に2ヶ月になる。体重は結構減った。今のところだいたい6キロだ減だ。BMIも25まで下がってきた。いい感じだ。これで肥満1度から抜け出せる。しかし、俺が生活して感じる限りアメリカには肥満の人が多い。たとえば、こんな感じ↓の人も街を少し歩けば、そこら中で遭遇する。
20060719224812.jpg

しかし、まだ自分で歩けるならいいが、歩けないくらい太っている人だって結構いる。自分の体重を足で支えられない人は、歩行機か、車椅子に頼らざるを得ない。しかし、俺はいつもこういう方を見るたびに、『歩けなくなるまで食うなよ』と言いたくなるのだが、これも病気なら仕方がないのだろうか? でも、食べなくても太る病気ってないでしょ?

アメリカでは、morbidly obeseと言う言葉で、体重が100ポンド(45キロ)以上(適正値を)超過している人を指すようだ。最近、特にここ数年こういう人の肥満を解消するための外科手術がアメリカで大流行だという。英語ではGastric Bypass と呼ばれる胃のバイパス手術だ。日本でもあるのかもしれないが、ABCNews電子版(記事)の記事によれば、1998年に手術を受けた人が1万4千人であったのに対し、2002年では、8万2千人にまで膨れ上がっていると言う。なんと、伸び率600%の急上昇だ。

伸びている理由は、外科技術の向上、保険が適用になった事が要因に挙げられていた。とりわけ、有名人がこの手の手術によって減量に成功したことなどがマスコミで取り上げられた事がブームの推進力になっているようだ。たとえば、この人。アメリカに住んでいる人なら一度は見た事あるでしょ?
20060719231410.jpg

NBCの朝のTodayショーのお天気おじさん、俺も知らなかったけど、なるほどね・・やってたわけね。

英語でGastric Bypassというとおり、食べたものは食道を通って胃に入り、消化されて小腸へと出て行くわけだが、この手術では、食道を胃への入り口部分で切り取り、直接小腸へつなげるというもの。
20060719231854.jpg
Yahoo Health)。
そうすると、食べたものが居座る場所がなく、ちょっと食べただけで、すぐに満腹感を感じるようになると言う。つまり、『おなか一杯状態』。なるほどね、しかし、そこまでしないと食欲をコントロールできないのか?、と思いたくなる。

この手術、かかる費用は3万㌦程度と言うが、歩行機に頼らざるを得なない人や肥満がもたらす成人病のリスクを考えると、安いのかもしれないが・・。気になるのは、この手の療法がティーンネージャーにまで広がってきたとか・・。90年代に比べて、2000年代では、その数は3倍にも増えているという。たとえ手術にはある一定の条件を満たしている事が必要だとしても、いやぁ、若い奴がせっかくもらった胃をそんな事で台無しにしてもいいのか?、と言いたくなるが・・。

でも、飽食の時代を反映した話題ではあるが、我慢をしてダイエットすることよりも、その原因を根絶する事によって問題を解決しようとする発想が根底にありそうだ。つまり、この国では忍耐は美徳ではないのかもね・・。ちなみに、アメリカで肥満の人の割合を州ごとに見ると、こんな感じだそうだ。2003年の統計によると、ジョージア、アラバマ、オハイオ、ウェストバージニアそして、バージニアで、なんと肥満の人の割合が総人口の4分の1を超えているというから、すごいね・・。
obesty.jpg


←ここをクリックして『人気ブログランキング』に1票
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/339-2e798884

1件のトラックバック

[T32] 殺生ねえ

先週、ES細胞の研究支援のために連邦資金を投入する、とした上院の規制緩和法案を大統領が在任中初となる拒否権の行使により退けた。その主な理由として挙げられているのがthe destruction of "innocent human life"。要は無益な殺生はいかん、ということか。殺生

8件のコメント

[C533] すごすぎる。

1番上の写真、すごいですね。
お腹の肉で、ビキニのパンツが隠れてしまい、下半身裸に見えますね。
この手術で、簡単に痩せられる事を、みんな知って、どんどん肥満が、増えそうな気がしますが、、、
オレゴンは、全米一、肥満者が少ないと聞いていたんですが、それでも、日本では見たことないような、大きな人が居ます。
アメリカに来て、10ヶ月で、4KG増、ちょっとやばいですね。気を付けなくては!

[C534] はじめまして

私も去年までアメリカに住んでいました。知り合いのお母さんは太りすぎで、公共の交通手段は使えないと言ってました。地下鉄の改札が通れないみたいです!

[C535]

そうですね、なんか太っても手術したら治るとかいって全然反省しなさそうですね。同感です。ちなみにオレゴンの肥満の割合は10-24%でしたね。だから少なくないみたいですよ。
  • 2006-07-21
  • ⇒Risaさん@stayus
  • URL
  • 編集

[C536]

yewkiさん、いらっしゃい。NYの地下鉄の改札は特に狭いですからね。また、遊びに来てください。
  • 2006-07-21
  • ⇒yewkiさん@stayus
  • URL
  • 編集

[C547] 知ってるわ~

ここまでなると早死になりそうですよね、、

イをぱいぷかぅっとするなど一部の国ではやっててそのけっかやせるらしいですが、

やせても肉のだぶつきが大変そうですv-218v-227

[C552]

マリリンさん。なかなか一度伸びた皮膚が元に戻るのには時間がかかりそうですね。
  • 2006-07-23
  • ⇒マリリンさん@stayus
  • URL
  • 編集

[C554] 伸びた皮膚?

うん伸びた皮膚は元に戻りにくいので

そんな人の場合は手術するらしいです

Stayusさんは太って折られるの?あはは

[C557]

マリリンさん、いらっしゃい。なるほど、戻らない場合は手術するわけですね。大変だ・・。
  • 2006-07-25
  • ⇒マリリンさん@stayus
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

simple digital clock


X-DAY

Flashカレンダー

ブログ内検索

プロフィール

露と落ち 露と消えにし
わが身かな
浪速のことも 夢のまた夢
豊臣秀吉
人生なんて、そんなものかもね

stayus

Author:stayus
【ブログランキング参加中】


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

FC2 Blog アメリカ・カナダ・ハワイ ランキング

アフィリエート・広告

edita.jp【エディタ】

Google PageRank

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。