Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/334-d33224ce

-件のトラックバック

-件のコメント

[C522] WAO

うんこの少年はもしや霊気なるパワーを持っておられるのかもしれません

気を上手く使う人はストレスや人の病気や動物や植物まで癒したり和らげたりすることが出来るのですが、、

でも奇跡的な事ってこの世に多くある様な気がしますねポチッ3v-218v-227

[C527]

マリリンさんは、霊気も感じ取れる人なんですか?笑。
インドの人にこの話をしたら、この手の人はインドには数え切れないほどいるらしいですよ。
  • 2006-07-17
  • ⇒マリリンさん@stayus
  • URL
  • 編集

[C544] やはり、、そうか

インドには以外に居そうですがいんちきも多そうな気がします、、えへへ

うちの近所にもたくさんインド人とかバングラディッシュ人いるけれど、、

面白いですね、、

なんかね、、定期的に似突然布しいて壁に向かいお祈りはじめるし、、はじめるとね絶対話しかけてもムリの様子

彼らの信仰はホントにパワフルですね、、車運転してても時間になると

ダート降りて道端でお祈りしてました、、
危ないわよね、、ほんとにもう、、霊気マリリン多少あると思いますよ、、Stayusさんは感じます?
ラヴポチッ3v-218v-254

[C549]

マリリンさん、いらっしゃい。俺は、彼らがお祈りする姿は見たこと無いのですが、なんか、かなり考え方(日本人より)宗教的な感じがしますね。ラマダンとか・・。これも世界を知るにはいい経験ですね。
  • 2006-07-23
  • ⇒マリリンさん@stayus
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

信じるものは救われる?

蒸し暑いね、最近。日本に比べれば、まだましかもしれないけれど、今年のバルチモアは夏なのになぜか雨が多い不順な天候だ。そのわりには、気温があがるから、蒸し暑く感じるんだろう。
人間は生きている限り、人間望みを失ってはいけないもので、信じるものは者は救われるのかもしれない。今日のABCNewsの電子版で、こんなニュースを見つけた。

タイトルは、Adam The Healer、だってさ(記事)。
げっ、おいおい、オカルトかと思うような写真が一緒に乗っているので、思わずそうおもった。
20060713194642.jpg


このAdamと呼ばれるカナダの19歳の少年、なんとハンドパワーで人の病気を治してくれるのだとか・・。やっぱり、心で『おいおい、マジかよ・・』と叫んでしまう。しかし、噂だけでは金は稼げないのだけど、この少年、DVDや本の出版に伴う印税を除いても年収1億円以上の収入があると言うのだから、驚きだ。記事によれば、年間、120万ドル(約1億4千万)に及ぶ収入は、ダークルームで約600人の参加者と共に行われるセミナーで稼ぎ出すらしい。参加した人によると、セミナーでAdamは、トランス状態に没入し、奇妙な奇術を演じるのだとか・・。

うん、是非、見てみたい・・ネ。

Adamによると、15歳の時に、奇妙な力を持ち始めたという。そうそう、彼曰く、 "Just little things like pencils flying out of my hands, erasers flying out of my hands," (訳『鉛筆や消しゴムが、自分の手から離れて浮遊したりとか・・』)だとの事。

記事によれば、彼によって救われたと信じている人の例がいくつか紹介されていた。

Linda Petersonさんは、ミネソタの学校の先生だったが、2004年にすい臓がんが発見されて、Adamのカウンセリングを受けたところ、そのチャネリングによるハンドパワーで、治療を受けたとの事。2週間後に、主治医の先生の診断を受けたときには、腫瘍がきれいになくなっていたのだとか・・。

マジかよ? 

それ以外にも、アフガニスタンで訪れていたジャーナリストが、小さい村で喧嘩の仲裁を行っていたときに、後ろから近づいてきた軍人に斧で殴られて頭に大怪我をおって、意識不明の昏睡状態で医師からは助からないと言われていた。それを聞いたアメリカに住む妻が、知人からAdamの話を聞き、『長距離-ハンドパワー』で彼に助けるようにお願いしたところ、2-3週間のうちに、夫の意識が回復したというのだとか・・。

おいおい、マジかよ?

いあや、俺にはちょっと信じられないけれどね。

記事には、『こういう現象は信じられない』というサイエンティストのコメントも紹介していたが、ハーバード大学医学部のHerbert Benson のコメントが掲載されていた。

"We have within ourselves self-healing capacities that can be turned on by belief and expectancy," (『人には信じたり期待する事によって自分を自分自身で癒す事ができる』)のだとか。さらに、
"When you're in pain or you're suffering, you can't [turn them on]. It's very difficult to believe that you could heal yourself." (『自分が苦しいときには、なかなかそういうわけにはいかない。だから、自分で自分を癒す事が出来るというのはそう簡単に信じられるものではない。』)。なるほど、さすがにハーバードで教授を張っている人のこと言葉には含蓄があるね。

この記事では、この博士の言葉に沿って、Adamの治療と治癒をすべて信じるわけにもいかないが、否定することもできない、と。この少年はは、人々に必要とされる望みと希望を与えているのでは・・と、解説してたね。

この記事を読んだときに、12の使途と連れて人々の心を癒し、病気を治したとされているイエス・キリスト話(映画『The greatest story ever told』を見ればわかる)を思い起こさせるものがあったけれど、しかし『苦しい時の神頼み』は、老若男女、洋の東西を問わず、どこも同じだね。ちなみに、この方にお会いしたい方は、こちらのホームページに行けばいいかも(Dream Healer)。

俺も、何かに心奪われるまで没入して信じれられるものがあれば、もう少し楽に生きられるかもしれないと、思うことが最近多いね、なんか、もう年かな・・。

是非、今日もあなたの1票よろしく。

←ここをクリックして『人気ブログランキング』に1票
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/334-d33224ce

0件のトラックバック

4件のコメント

[C522] WAO

うんこの少年はもしや霊気なるパワーを持っておられるのかもしれません

気を上手く使う人はストレスや人の病気や動物や植物まで癒したり和らげたりすることが出来るのですが、、

でも奇跡的な事ってこの世に多くある様な気がしますねポチッ3v-218v-227

[C527]

マリリンさんは、霊気も感じ取れる人なんですか?笑。
インドの人にこの話をしたら、この手の人はインドには数え切れないほどいるらしいですよ。
  • 2006-07-17
  • ⇒マリリンさん@stayus
  • URL
  • 編集

[C544] やはり、、そうか

インドには以外に居そうですがいんちきも多そうな気がします、、えへへ

うちの近所にもたくさんインド人とかバングラディッシュ人いるけれど、、

面白いですね、、

なんかね、、定期的に似突然布しいて壁に向かいお祈りはじめるし、、はじめるとね絶対話しかけてもムリの様子

彼らの信仰はホントにパワフルですね、、車運転してても時間になると

ダート降りて道端でお祈りしてました、、
危ないわよね、、ほんとにもう、、霊気マリリン多少あると思いますよ、、Stayusさんは感じます?
ラヴポチッ3v-218v-254

[C549]

マリリンさん、いらっしゃい。俺は、彼らがお祈りする姿は見たこと無いのですが、なんか、かなり考え方(日本人より)宗教的な感じがしますね。ラマダンとか・・。これも世界を知るにはいい経験ですね。
  • 2006-07-23
  • ⇒マリリンさん@stayus
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

simple digital clock


X-DAY

Flashカレンダー

ブログ内検索

プロフィール

露と落ち 露と消えにし
わが身かな
浪速のことも 夢のまた夢
豊臣秀吉
人生なんて、そんなものかもね

stayus

Author:stayus
【ブログランキング参加中】


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

FC2 Blog アメリカ・カナダ・ハワイ ランキング

アフィリエート・広告

edita.jp【エディタ】

Google PageRank

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。