Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/329-140befe9

-件のトラックバック

-件のコメント

[C500] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

エレン・ワタダ2

バルチモアは夏真っ盛りの日が続いている。

以前、エレン・ワタダとういう軍人の話を記事にした(過去ログ)。彼は日系アメリカ人で、このほどイラク戦争への出兵を命じられたのだが、『イラク戦争はアメリカ憲法に反する』と言う彼自身の一貫した主張を貫抜き、この軍の命令というか辞令をスパッと拒否したのだ。

これが、現在全米に静かに波紋をよんでいる。

彼の肩書きは Army lieutenant で、俺は軍と縁がないからどの程度の位か知らないが、辞書によると、lieutenant commander(陸軍少佐)と lieutenant junior grade(陸軍中尉)の間だとか・・。つまり、志願兵ではなくてれっきとして軍に勤めているわけだ。こういう人が、堂々とはっきりと『イラク戦争は憲法違反だ』と、言ってくれて、とてもスカッとした気持ちになった。ある意味に尊敬に値すると思った。

しかし、軍と言うところは個人の自由を尊重するほど甘い場所ではない事が彼のその後の動向を見て良くわかった。

その後、彼は軍を辞職する願いを出すが、これが軍によって却下された。ただでは辞められないぞ、と言う事なのだろう。

その後何かあるとは思っていたのだが、昨日のCBSNewsの電子版によると(記事)、今週の水曜日に彼はconduct unbecoming an officer(不適切な行為), missing movement(命令の無視)and contempt toward officials(軍への侮辱)の3つの罪状によって、軍法会議にかけられることが決まったと言う。

更に記事によると、もしこの軍法会議で有罪が確定すると、懲戒解雇および最高8年の禁固刑が下されると言うから、驚きだ。俺は、過去ログで、『辞めずに自分の意思をつらい抜いて欲しい』などと気安く書いたが、今では反省している。彼がもしこの事実を知っていながら軍の命令に背いたというなら、本当に頭が下がる行為としか言いようがない。日本人として彼を誇りに思う。

彼の弁護士によれば、ワタダ氏はイラクへは行かないという意思を表明したのは事実だが、それ以外の戦地へなら何処へでも赴くと言う意思は以前から伝えているので、心配はしていないということだ。

それにしても、この見せしめ的なつるし上げは軍の規律を守るためには必要なのだろうが、彼らには『発言の自由』は認められないのだろうか? これが彼らの言う『自由の国』を守るためのルールなのだろうか?

多分、軍はそういうところなのだろう。

俺的に言えば、こんな半ば一種の侵略戦争をイラクで続けているほうがよっぽど罰せられるべきだとは思うが・・。この手の善悪は、あくまでも政治的なイデオロギーによって支配されるので、ある意味どうしようも出来ないところがある。しかし、彼の自分の将来を危険に晒してまでの意思表明は、高く評価されなければならないと思う。

←ここをクリックして『人気ブログランキング』に1票
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/329-140befe9

0件のトラックバック

1件のコメント

[C500] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

simple digital clock


X-DAY

Flashカレンダー

ブログ内検索

プロフィール

露と落ち 露と消えにし
わが身かな
浪速のことも 夢のまた夢
豊臣秀吉
人生なんて、そんなものかもね

stayus

Author:stayus
【ブログランキング参加中】


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

FC2 Blog アメリカ・カナダ・ハワイ ランキング

アフィリエート・広告

edita.jp【エディタ】

Google PageRank

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。