Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/300-57d502fe

-件のトラックバック

-件のコメント

[C397] ボランティア

久し振りのコメントになります。
うちの会社にもユタ州出身のモルモン教徒がおります。
教義によって飲酒は厳禁だそうです。
布教活動で日本にいたことがあるそうですが、それもボランティア活動だったのでしょうかね…。
徴兵に行かなくても済んだそうですが、理由は言いません。
かなり唯我独尊で、他人が困っていても我関せず。
ボランティア精神はどこへやら…。
アメリカ人って、そんなもんなんでしょうか…?
  • 2006-06-13
  • がんさん@大和の国
  • URL
  • 編集

[C398] ボランティアがなかったら。。。

おはようございます!ボランティアがいなかったら、この国って成り立たないと思う!私は、ワシントン州シアトルですが、子供の公立の小学校にも毎日、誰かの親が勉強が遅れてる子のサポート、ランチ時のヘルプ、マラソンで何周走るか数える人、ニュースレターを配る人、フィールドトリップの運転手などどれだけの親が参加しているか!’ボランティア募集!’のメールも毎日担任や学校からメールで送られてくる。募金の金額も半端じゃなく、何千ドルと一度の募金で集めだすし。政府からの援助が少ないから「困った人がいたら、できる人間がサポートする」損得勘定の前にアメリカ人の心の底に染み付いてると思います。元々この国に入ってきた時からみんなで助けあって来たからなんでしょうかね?(その代わり、ネイティヴからの脱落者が増える。。。)

[C399]

がんさん、いらっしゃい。飲酒は厳禁というのは何回か聞いたことあります。しかし、でも、アメリカに徴兵制はないので、それこそあくまでもボランティアなので、彼が徴兵といっているなら????ですね。まぁ、それはさておき、基本的にはアメリカ人はいい意味でも悪い実でも自己中心的な生き方を好むので、他人の生き方には全く興味がないのかもしれませんね。アメリカ人には気を使わない、これが一番かも・・。

[C401]

yukalalalaさん、いらっしゃい。私にはまだ子供がいないので、学校での様子はわかりませんでしたので、参考になります。マラソンで何週走ったか数える人までいるなんて、はっきり言って驚きました。ほんとに、ボランティア好きですね、それにボランティアを有意義な経歴・経験社会的に評価する土壌があることの裏返しかもしれませんが・・。それとあとは、ジーザスの『隣人を愛せよ』ですか?キリスト教が効いているんでしょう

[C402] 徴兵制

え゛! アメリカって兵役の義務は無いんですか?
昔、モハメド・アリ(カシアス・クレイ)が兵役を拒否してタイトルを剥奪されたのは…?
最近、ブッシュが兵役経験を詐称したとかが話題になったり…。
  • 2006-06-14
  • がんさん@大和の国
  • URL
  • 編集

[C403]

Stayusさん

実に詳しいデーターですね

マリリンもドネーションはよくしてるのですよ~

こちらはドネーションしたとき用紙を頂くとTAX払う時提出するとTaxが安くなったりするんですよね、、

また、ネイムいりシールが送られて来るのね、、
ほら、レターを送るときに封筒にはれる奴

なるほど、、為になりましたThankyou~
ラヴv-238
ポチッ2v-218

[C404]

テネシーは"Volunteer State"と言いますが,この由来は南北戦争の従軍(Volunteer)と聞きました.ですが周りの人達はドネーションとか何らかのボランティアをしている人が多いです.高校も8ミリオンの寄付で建て替えています.
なので,現在のボランティアも多いのかな,と思ったらそうでも無いんですね.バイブルベルトの一つだけど,貧乏州だからかもしれませんね.

[C405]

そうなんですよ、がんさん。アメリカは徴兵制はないのです。この前もアメリカ人の学生と話していたら、その話になって、彼女が言うには、ほんとにその人次第で行きたい人も入れば、全然行きたくない人もいたりして・・。でも、一度軍に入隊すると、その後健康保険を国が補償してくれたり、大学に入りやすくなったりとか、それに、航空機のチケットも割引してくれるはずですよ。モハメド・アリはわからないけど、ブッシュも志願兵ですよ。
  • 2006-06-15
  • ⇒がんさん@stayus
  • URL
  • 編集

[C406]

知ってる、それ、俺の家にもしょっちゅう電話がかかってきて、すごい回りくどい話をされて、もう、聞くのが嫌になって、『寄付でしょ?』っていうと、『YES』とか言われるんだよね。

最初は何回か払ったけど、一定の期間ごとに必ず徴収みたいにかかってくるから、最近は全部断ってますね。っはは。

ところで、いつも応援ポチ、ありがとう。
  • 2006-06-15
  • ⇒マリリン@stayus
  • URL
  • 編集

[C407]

なるほど、それは知りませんでした。テネシーがボランティアの州だとは・・。8ミリオンの寄付って言うのも破格です。やっぱり、寄付ほんとにアメリカ多いですね。感心します。

ところで、バイブルベルトって、どこを指すんですか?また教えてください。

[C410]

今日アメリカ人に聞いてみたら、男はみな18歳だか20歳になったら"register"する義務があるそうです。そしてもし有事のときには"draft"によって徴兵される可能性があり、これは拒否できないと言っていました。じゃあ今イラクと戦争しているから不安で仕方がないんじゃない?と聞くと、小さな戦争だから心配してないとのこと。それにいろいろな特典目当てに兵役に志願する人がたくさんいるので、まずドラフトされることはないだろうと言ってました。ちなみにMDは徴兵されにくいけれどPhDは関係ないらしいです。(笑)
しかし話している横から、別の若いアメリカ人がオレはregisterしていないよと言っていました。だから、どこまで本当に義務なのかははっきりしません。
今日知って驚いたのは、アメリカの軍隊って市民権はおろか永住権さえ持っていない外国人でさえ入隊できるそうですね。愛国心のかけらもなかろうに、大丈夫かな?一方では日本も憲法が変わって自衛隊が軍隊として公認されるとかされないとか。そのうち徴兵制が始まるかも知れませんね。

[C413]

soundsleepさん、コメントありがとう。

Draftのことですね。正確に言うとSelective Serviceといわれるそうで、万が一アメリカ全土が有事に晒された場合、すばやく兵を編成できるようにあらかじめ登録するシステムらしいです。このDraftは大統領とコングレス(ハウス=下院)の承認で発効されて、直ちにリスアップされた人の中から健康状態、精神状態、専門性などすべてを考慮された上で、最も有効な編成が可能なように、人選するシステムらしいです。

一度、選ばれると今度は拒否できません、したがって、必ず命令に従い行動に参加しなければないというもらしいです。

つまり、予備役兵のリスト、と言うところでしょうか?

ちなみに、アメリカの法律によれば、18-26歳未満の男子は必ずこのリストに登録する必要があるとの事です。これに反して登録しない場合、その事を起訴された場合、2万5千ドルの罰金、あるいは最高で5年の禁固刑を食らうそうです(http://www4.sss.gov/FSbenefits.htm)。

『備えあれば憂いなし』ですかね・・。この辺の危機管理は日本よりはるかに意識レベルが高いですね。
  • 2006-06-16
  • ⇒soundsleepさん@stayus
  • URL
  • 編集

[C620] 裕美

私、アメリカの国の様子が詳しく知りたいんですv-237
教えてくれませんかv-236
  • 2006-08-28
  • 川島
  • URL
  • 編集

[C624]

ちょっと、仕事が忙しくて、充実した記事がかけなくて、・・がんばって、アメリカの事書きます。
  • 2006-08-28
  • ⇒川島さん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ボランティアの好きな州

今日のUSAToday電子版を見ていたら、最近まで30%前後まで下落していたブッシュの支持率が、アルカイーダナンバー2のザルカウィの爆死後、38%まで上昇したそうだ。
今まで、イラク戦争で勝利を収めると考えていた人は、38%→48%、イラク戦争が問題なく進んでいると思っていた人は、38%→47%へ、それぞれ上昇したと言うから、いかにアメリカ人が単純なのかが良くわかる(USAtoday・記事)。

ところで、今日はUSAToday(記事)で、アメリカのボランティアに関する意識調査の結果が出ていた。

日本からアメリカに来て、いかにアメリカ人がボランティアを通じて社会貢献する事を重要視しているかが良くわかった。それには正直感心した。大学入学時にも、ボランティア暦が個別面接で評価されたりするのを聞くとその度合いが良くわかる。実際に、あちこちの公立の学校で、英語以外の語学を生徒に教えるときも、その地域に住む他国語(英語以外)を話す外国人をボランティアで学校に招聘したりするのも日本では殆ど見られない光景かもしれない。

記事では、全米50州プラスワシントンDCに住む16歳以上の人で2003年から2005年の間にボランティアに従事したことのある人の割合の統計を公表している。全米1位は、ユタ州だとか・・。なんと殆ど州の人口の半分の人(48%)がボランティアに参加した経歴を持つと言う。2位には、ネブラスカ(42.8%)、その後は、ミネソタ(40.7%)、アイオワ(39.2%)、アラスカ(38.9%)と続く。ユタ州は、奉仕時間、65歳以上のボランティア参加率でも、1位を独占。

面白いのは、全米でアメリカ人の約3分の1の人(34.8%)が、宗教活動を通じてボランティア活動をしたと答えているのに対し、ユタ州の住民の場合では、63%以上の人がボランティア活動と宗教団体との関連を指摘していると言う。どうやら、ユタ州の奉仕活動は宗教と密接に関係しているようだが、記事を読み進めてみると、俺も驚いた。

この州の70%が the Church of Jesus Christ of Latter-day Saints、そのまま訳すと、『末日聖徒イエス・キリスト教会』、これなんだかわかる?

そう、つまり、あの男性の重婚を宗教上の教義として認めているモルモン教徒。なんと70%だから、驚きだ。アメリカに来て、何度も聞いたことがあるのは、モルモン教とは重婚が許されると言う事。俺は知らないが、見たこともないけど、話で効く限り、1800年後半、モルモン論争で、アメリカ憲法が認める宗教の自由とそれが禁止する重婚とが、ぶつかり合った歴史があるのだとか・。

俺は、ソルトレークはモルモン教の故郷とは知っていたが、これほど高率だとはとても想像できなかった。いや、なんとも、ボランティア参加率が高いのは、宗教上の制約があるのでしょうか?ちなみに、奈良の天理市を思い出してしまいました・・。

ちなみに、ボランティア活動をよくする州ベスト20は以下のとおり。

1. Utah: 48.0%
2. Nebraska: 42.8%
3. Minnesota: 40.7%
4. Iowa: 39.2%
5. Alaska: 38.9%
6. (tie) Wyoming: 38.8%
6. (tie) South Dakota: 38.8%
8. Kansas: 38.6%
9. Vermont: 38.1%
10. Montana: 37.9%
11. Wisconsin: 37.0%
12. Washington: 36.8%
13. North Dakota: 36.5%
14. Idaho: 35.5%
15. Oregon: 33.6%
16. Maine: 33.2%
17. Colorado: 32.8%
18. Michigan: 32.1%
19. New Hampshire: 32.0%
20. Missouri: 31.9%

皆さんの州はどうでしたか?

←ここをクリックして『人気ブログランキング』に1票
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/300-57d502fe

0件のトラックバック

14件のコメント

[C397] ボランティア

久し振りのコメントになります。
うちの会社にもユタ州出身のモルモン教徒がおります。
教義によって飲酒は厳禁だそうです。
布教活動で日本にいたことがあるそうですが、それもボランティア活動だったのでしょうかね…。
徴兵に行かなくても済んだそうですが、理由は言いません。
かなり唯我独尊で、他人が困っていても我関せず。
ボランティア精神はどこへやら…。
アメリカ人って、そんなもんなんでしょうか…?
  • 2006-06-13
  • がんさん@大和の国
  • URL
  • 編集

[C398] ボランティアがなかったら。。。

おはようございます!ボランティアがいなかったら、この国って成り立たないと思う!私は、ワシントン州シアトルですが、子供の公立の小学校にも毎日、誰かの親が勉強が遅れてる子のサポート、ランチ時のヘルプ、マラソンで何周走るか数える人、ニュースレターを配る人、フィールドトリップの運転手などどれだけの親が参加しているか!’ボランティア募集!’のメールも毎日担任や学校からメールで送られてくる。募金の金額も半端じゃなく、何千ドルと一度の募金で集めだすし。政府からの援助が少ないから「困った人がいたら、できる人間がサポートする」損得勘定の前にアメリカ人の心の底に染み付いてると思います。元々この国に入ってきた時からみんなで助けあって来たからなんでしょうかね?(その代わり、ネイティヴからの脱落者が増える。。。)

[C399]

がんさん、いらっしゃい。飲酒は厳禁というのは何回か聞いたことあります。しかし、でも、アメリカに徴兵制はないので、それこそあくまでもボランティアなので、彼が徴兵といっているなら????ですね。まぁ、それはさておき、基本的にはアメリカ人はいい意味でも悪い実でも自己中心的な生き方を好むので、他人の生き方には全く興味がないのかもしれませんね。アメリカ人には気を使わない、これが一番かも・・。

[C401]

yukalalalaさん、いらっしゃい。私にはまだ子供がいないので、学校での様子はわかりませんでしたので、参考になります。マラソンで何週走ったか数える人までいるなんて、はっきり言って驚きました。ほんとに、ボランティア好きですね、それにボランティアを有意義な経歴・経験社会的に評価する土壌があることの裏返しかもしれませんが・・。それとあとは、ジーザスの『隣人を愛せよ』ですか?キリスト教が効いているんでしょう

[C402] 徴兵制

え゛! アメリカって兵役の義務は無いんですか?
昔、モハメド・アリ(カシアス・クレイ)が兵役を拒否してタイトルを剥奪されたのは…?
最近、ブッシュが兵役経験を詐称したとかが話題になったり…。
  • 2006-06-14
  • がんさん@大和の国
  • URL
  • 編集

[C403]

Stayusさん

実に詳しいデーターですね

マリリンもドネーションはよくしてるのですよ~

こちらはドネーションしたとき用紙を頂くとTAX払う時提出するとTaxが安くなったりするんですよね、、

また、ネイムいりシールが送られて来るのね、、
ほら、レターを送るときに封筒にはれる奴

なるほど、、為になりましたThankyou~
ラヴv-238
ポチッ2v-218

[C404]

テネシーは"Volunteer State"と言いますが,この由来は南北戦争の従軍(Volunteer)と聞きました.ですが周りの人達はドネーションとか何らかのボランティアをしている人が多いです.高校も8ミリオンの寄付で建て替えています.
なので,現在のボランティアも多いのかな,と思ったらそうでも無いんですね.バイブルベルトの一つだけど,貧乏州だからかもしれませんね.

[C405]

そうなんですよ、がんさん。アメリカは徴兵制はないのです。この前もアメリカ人の学生と話していたら、その話になって、彼女が言うには、ほんとにその人次第で行きたい人も入れば、全然行きたくない人もいたりして・・。でも、一度軍に入隊すると、その後健康保険を国が補償してくれたり、大学に入りやすくなったりとか、それに、航空機のチケットも割引してくれるはずですよ。モハメド・アリはわからないけど、ブッシュも志願兵ですよ。
  • 2006-06-15
  • ⇒がんさん@stayus
  • URL
  • 編集

[C406]

知ってる、それ、俺の家にもしょっちゅう電話がかかってきて、すごい回りくどい話をされて、もう、聞くのが嫌になって、『寄付でしょ?』っていうと、『YES』とか言われるんだよね。

最初は何回か払ったけど、一定の期間ごとに必ず徴収みたいにかかってくるから、最近は全部断ってますね。っはは。

ところで、いつも応援ポチ、ありがとう。
  • 2006-06-15
  • ⇒マリリン@stayus
  • URL
  • 編集

[C407]

なるほど、それは知りませんでした。テネシーがボランティアの州だとは・・。8ミリオンの寄付って言うのも破格です。やっぱり、寄付ほんとにアメリカ多いですね。感心します。

ところで、バイブルベルトって、どこを指すんですか?また教えてください。

[C410]

今日アメリカ人に聞いてみたら、男はみな18歳だか20歳になったら"register"する義務があるそうです。そしてもし有事のときには"draft"によって徴兵される可能性があり、これは拒否できないと言っていました。じゃあ今イラクと戦争しているから不安で仕方がないんじゃない?と聞くと、小さな戦争だから心配してないとのこと。それにいろいろな特典目当てに兵役に志願する人がたくさんいるので、まずドラフトされることはないだろうと言ってました。ちなみにMDは徴兵されにくいけれどPhDは関係ないらしいです。(笑)
しかし話している横から、別の若いアメリカ人がオレはregisterしていないよと言っていました。だから、どこまで本当に義務なのかははっきりしません。
今日知って驚いたのは、アメリカの軍隊って市民権はおろか永住権さえ持っていない外国人でさえ入隊できるそうですね。愛国心のかけらもなかろうに、大丈夫かな?一方では日本も憲法が変わって自衛隊が軍隊として公認されるとかされないとか。そのうち徴兵制が始まるかも知れませんね。

[C413]

soundsleepさん、コメントありがとう。

Draftのことですね。正確に言うとSelective Serviceといわれるそうで、万が一アメリカ全土が有事に晒された場合、すばやく兵を編成できるようにあらかじめ登録するシステムらしいです。このDraftは大統領とコングレス(ハウス=下院)の承認で発効されて、直ちにリスアップされた人の中から健康状態、精神状態、専門性などすべてを考慮された上で、最も有効な編成が可能なように、人選するシステムらしいです。

一度、選ばれると今度は拒否できません、したがって、必ず命令に従い行動に参加しなければないというもらしいです。

つまり、予備役兵のリスト、と言うところでしょうか?

ちなみに、アメリカの法律によれば、18-26歳未満の男子は必ずこのリストに登録する必要があるとの事です。これに反して登録しない場合、その事を起訴された場合、2万5千ドルの罰金、あるいは最高で5年の禁固刑を食らうそうです(http://www4.sss.gov/FSbenefits.htm)。

『備えあれば憂いなし』ですかね・・。この辺の危機管理は日本よりはるかに意識レベルが高いですね。
  • 2006-06-16
  • ⇒soundsleepさん@stayus
  • URL
  • 編集

[C620] 裕美

私、アメリカの国の様子が詳しく知りたいんですv-237
教えてくれませんかv-236
  • 2006-08-28
  • 川島
  • URL
  • 編集

[C624]

ちょっと、仕事が忙しくて、充実した記事がかけなくて、・・がんばって、アメリカの事書きます。
  • 2006-08-28
  • ⇒川島さん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

simple digital clock


X-DAY

Flashカレンダー

ブログ内検索

プロフィール

露と落ち 露と消えにし
わが身かな
浪速のことも 夢のまた夢
豊臣秀吉
人生なんて、そんなものかもね

stayus

Author:stayus
【ブログランキング参加中】


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

FC2 Blog アメリカ・カナダ・ハワイ ランキング

アフィリエート・広告

edita.jp【エディタ】

Google PageRank

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。