Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/29-e5127f9b

-件のトラックバック

-件のコメント

[C76] つい先日

ノースウエストを利用しましたが、空港の外では解雇されたメカの人達がストしてました。配っていたビラには「ノースウエストは経験豊富なメカニックを解雇し、経験の浅いメカを雇った。乗客の安全を第一に考えるべき航空会社にあるまじき・・・」という感じの内容でしたが、とうとう破綻ですか。
PS:こちらもリンクさせて頂きました。

[C77]

見ました、双子の経営破たん。お国が大きいせいかアメリカも
次から次へと色々なことが起きてますね。
日本の航空会社も健全な経営とは言えない状況でひとごと
ではないですね。
一年に一度必ず海外旅行に行くのですが、なんか切ないです。
  • 2005-09-15
  • sakurako
  • URL
  • 編集

[C78]

リンクどうもです、makaronovさん。じかにノースウェストのストの現場を見たわけですね。この前見たニュースで、飛行機が交渉しているのにメカニックの人がストで現場にいないというような映像が出てましたが、やるんだったら、これぐらいのストやら無いと面白くないね。とうか、ほんとに労働条件が悪いんでしょう。

[C79]

sakurakoさん、大丈夫です。飛行機の運用も、マイレージも、すべて今までどおりだから安心してください。でも、多分、これからはガソリンのこともあって、格安がチケットが今の1.5倍くらいになるんじゃないでしょうかね?でも、JALとかやばそうですね。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Chapter11

アメリカにやってきたときに、デルタ航空という日本では聞きなれない
飛行機に乗って、アトランタからオーガスタまで来たのを今まで覚えている。それからアメリカでは移動するのはどこへ行くのにも飛行機だった。飛行機は日本でたとえると、バスやJRのローカル線といったところだろう。もはやアメリカの交通は飛行機なくして語れない。

そんなアメリカで、アメリカの第3位のデルタ航空と、第4位のノースウェストが経営破綻した。日本でも、大企業あるいは社会的に価値のある企業が経営に行き詰まったときに、会社更生法を適用するのと同様に、アメリカに連邦破産法とよばるコード(Code=法律、Title 11)がある。この破産に関する法規が第11章(つまりChapter 11)に書かれているので、アメリカでは、日本で言うところの会社更生法を適用とすることを"file Chapter 11"という。

このChapter 11は通常経営破綻した会社を再構築するために使われる法律で、個人の破産には適用されない。まず第一に債権を整理して、健全な経営が出来るような状態にすることを目標としている。この申請がされても、破産法廷(Bankruptcy Court)とそれが定めた管財人が経営を監視するものの、基本的な会社の営業、業務は滞りなく行われる。裁判所は債権者と株主の利益を保全しかつ債権の整理が出来るように委員会を設け、経営計画を提出させる。この経営計画をもとに債権者と株主の間で合意形成がなされるというわけなのだ。

今日のCBSによると、デルタ航空の負債はなんと約3兆円にも上るらしい。デルタ自体の自己資本価値が約2兆4千億ほどで、差し引いても約1兆円ほどの債権となる。これは、アメリカの経営史上第7位の規模の経営破綻になる(記事)。91年からパンナムの営業路線を引き継いで、01年の9/11のテロにも屈せずがんばってきたデルタだが、原油の高騰が足かせとなって最近4年間で売り上げが1兆円も減少し、経営体力に限界が来たようだ。

またNBCによれば、アジアに拡大路線を持つノースウェスト航空は人件費の削減に失敗し、先月からのメカニックのストのため解雇した人員を確保するための人件費がかさみ、昨日の火曜日に43億円の債権の返済が焦げ付きChapter11適用となったらしい。デルタ同様9/11テロ以来の下がること無い原油の高騰が経営を圧迫したことは間違いない事実だが、アジアへの路線を多く抱えることから、SARSの影響によって、路線を縮小しなければならなかったことは大きな引き金になった模様だ(記事)。

さらに、日本では報道されていないと思うが、大手の航空会社だけでなく、ハワイのホノルルをベースしているハワイアンエアラインとインディアナポリスをハブにしているATA Air Lines Inc.も経営破たんしたとのことだ。

デルタとノースウェストだけでも、10万人の雇用者を抱えているわけで、Chapter11の適用で、解雇を逃れたこれらの労働者にも容赦なく賃金のカットが宣告されるようになるわけだ。しかも、雇用されている人たちの年金や健康保険などを含めて考えると、影響は大きいような気がする。気が重くなる話だね。

今日の双子の経営破たんで、全米大手7つの航空会社のうち、USエアウェイズとユナイテッドを含めた計4社が破綻したことなるのだ。収支が悪い会社は倒産するのが当たり前という経営の大前提があるせいか、日本に聞いたときほど会社の倒産は、アメリカではそれほど深刻な問題として受け止められないような気もするが、心理的な景気のへインパクトは避けられないような・・・・。ちなみに、ノースウェストの株価は今年に入って86%、デルタ90%下落している。これもアメリカの景気の減退をまざまざと見競られているようだが、それにしても、累計で30兆円も殆ど意味の無い戦争に費やしているこの国のシステムと国民感情には、全く理解できないね~。

←ここをクリックして『人気ブログランキング』に1票
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/29-e5127f9b

0件のトラックバック

4件のコメント

[C76] つい先日

ノースウエストを利用しましたが、空港の外では解雇されたメカの人達がストしてました。配っていたビラには「ノースウエストは経験豊富なメカニックを解雇し、経験の浅いメカを雇った。乗客の安全を第一に考えるべき航空会社にあるまじき・・・」という感じの内容でしたが、とうとう破綻ですか。
PS:こちらもリンクさせて頂きました。

[C77]

見ました、双子の経営破たん。お国が大きいせいかアメリカも
次から次へと色々なことが起きてますね。
日本の航空会社も健全な経営とは言えない状況でひとごと
ではないですね。
一年に一度必ず海外旅行に行くのですが、なんか切ないです。
  • 2005-09-15
  • sakurako
  • URL
  • 編集

[C78]

リンクどうもです、makaronovさん。じかにノースウェストのストの現場を見たわけですね。この前見たニュースで、飛行機が交渉しているのにメカニックの人がストで現場にいないというような映像が出てましたが、やるんだったら、これぐらいのストやら無いと面白くないね。とうか、ほんとに労働条件が悪いんでしょう。

[C79]

sakurakoさん、大丈夫です。飛行機の運用も、マイレージも、すべて今までどおりだから安心してください。でも、多分、これからはガソリンのこともあって、格安がチケットが今の1.5倍くらいになるんじゃないでしょうかね?でも、JALとかやばそうですね。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

simple digital clock


X-DAY

Flashカレンダー

ブログ内検索

プロフィール

露と落ち 露と消えにし
わが身かな
浪速のことも 夢のまた夢
豊臣秀吉
人生なんて、そんなものかもね

stayus

Author:stayus
【ブログランキング参加中】


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

FC2 Blog アメリカ・カナダ・ハワイ ランキング

アフィリエート・広告

edita.jp【エディタ】

Google PageRank

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。