Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/285-84468277

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

3本の腕

今日はうだるよな暑さだった。メリーランドの夏は多湿だから、クーラ
ーのガンガン効いた部屋から外に出ると体が溶けそうだった。まぁ、こういう気候を英語でmuggyと表現する事もここに来て覚えたことの1つだった。

ところでさっきABCNewsの電子版を見ているとやはりこういうことも起こるのだなぁと、不思議に思ってしまった。
タイトルが、Three-Armed Baby: How Does It Happen?(ABCNews)だったので、エッと思ってクリックしてみると、うん、いやぁ、なるほど・・。
20060530205653.jpg


記事を詳しく読んでみると、この赤ちゃんは中国で生まれたらしく、現在生後2ヶ月を経過したばかり。俺は、医者じゃないからわからないが、書いてある記事を鵜呑みにすると、こういう場合、どの手を切除するのかを決めるのにかなり慎重にならざるを得ないと言う。

この赤ちゃんの場合は、左手が2本、右手が1本なので、どちらを切り取るかは明白だと言うものの、2本左手のうちらを切り取るかは、X-rayやMRIで骨の形や、血管のつながり具合、さらに電気的ショックを与えて神経のつながり方を調べた上で見極めると言う。しかし、すぐに手術はせずに、後半年から1年間様子を見て、実際に良く使われる方を見極める必要があるという。担当医は、この2本の左手のどちらもあまり機能的に働いていないのが気がかりだと、言っていると言う。

専門家によると、同じ手に親指が2本ある子供の生まれる確率は20万人に1人、手首が同じ腕に2つある子供が生まれる確率は約200万人に1人だそうだが、このように腕が付け根から3本あるのはきわめて珍しいと言う。

気になる原因だが、体内で結合児(双子)として発育したが、一方が生存する事が出来なかったか、あるいは発育の過程で他方に吸収された結果、このような形で生まれた可能性が高いという・・。

しかし、手術が成功しても後遺症が残る可能性もあると言うが、今後も元気に育ってほしいものだ。

←ここをクリックして『人気ブログランキング』に1票
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/285-84468277

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

simple digital clock


X-DAY

Flashカレンダー

ブログ内検索

プロフィール

露と落ち 露と消えにし
わが身かな
浪速のことも 夢のまた夢
豊臣秀吉
人生なんて、そんなものかもね

stayus

Author:stayus
【ブログランキング参加中】


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

FC2 Blog アメリカ・カナダ・ハワイ ランキング

アフィリエート・広告

edita.jp【エディタ】

Google PageRank

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。