Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/28-d9e14d88

-件のトラックバック

[T6] 54パーセントという数字があらわす、アメリカ人の怒り

ワシントンDCの市緊急事態対策本部のスタッフからようやく電話があり、市内の軍用倉庫に設けられた避難所で生活を送る被災者の話を少しした。数日前、ワシントンDCにやって来た被災者にインタビューをできないかと考えた僕は、関係者に連絡をして色々と情報を集めていたんだ

[T7] ある役所の物語 -民営化と統合-

1979年にカーター大統領によって設立されたFEMAの使命は、理論上、国家に対する「すべての危険」について最悪のシナリオを扱うことだった。1980年代、レーガン政権は、戒厳令に近いと評された異常な力をFEMAに賦与したが、1992年8月、ハリケーン「アンドリュー」に対

-件のコメント

[C74]

カトリーナの及ぼした影響は死者を出しただけではなく、
そういった人種差別をも浮き彫りにした形になってしまい
ましたね。恐るべし威力です。

ライス国防長官は、女性であること且つ白人でないことで
私的にはかなり前から気になる存在でした。。。
  • 2005-09-14
  • sakurako
  • URL
  • 編集

[C75]

あのライスって人は、クリントンの時代の国務長官だったオルブライトの教え子で飛び級で大学を卒業して、政治で学位をとった後、政界に入るのだが、もともと今のブッシュの父親に登用されたのがきっかけ。それ以来このブッシュ家に使えている人で、アフリカのある国のムガベ大統領に言わせると、黒人のくせに白人に魂を売ったとまで言われた人らしいです。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

一度火がつくとなかなか消えませんね。

そろそろ秋らしくなってきたかと思うと、昨日からなんだか、残暑
がぶり返してきたような陽気だった。カトリーナがニューオーリンズに上陸してからもう2週間になるが、このハリケーンがアメリカに与えた後遺症は日に日に拡大していくように見える。

最近では、続々と各社の世論調査(POLL)で支持率の最低を更新しているブッシュ大統領だが、これに堪りかねたのか今回3度目の被災地訪問で、とうとう、『責任は俺が取る』などと、宣言しておりました。木曜日には国民に向けてTV演説をするらしいです?

犠牲者の数は予想の1万人よりも少ない少ないようだが、現在でもう既に400人に達している模様で、昨日のニュースでは、逃げ送れた病院で40人ほどの遺体が発見されたのこと。この予想が何を元にして出されたのか知らないが、これに比べれば現在の犠牲者は少ないけれど、それでも400人、今後も増える見通しらしいが、は甚大な災害だ。経済に与える影響もかなりのものだと予想され、今年のGDPを1%-1.5%下げるといわれとり、40万もの失業者を出した付けは大きそうだ。ガソリンや天然ガスの値上がりで、アメリカの一般家庭の80%が家計に大きな影響が出ると、考えている(CNN Money 記事)。

FEMA(連邦政府の災害担当省)の長官を1週間前には『よくがんばってい』とほめていたのに、昨日になって、いきなり首にするなど、訳のわからないブッシュの不可解な言動も世論を気にしたパフォーマンスに見える。さらに、この政府の初動捜査の原因を追究する委員会の長に自らをすえるなど、かなり無神経なことを平気でしている。

アメリカでブッシュに対する批判に一気に火がついたのは、このハリケーンがアメリカの人種問題を浮き彫りにしたことがもっとも大きな原因のようだ。今日のCNNで、ブラックで最高位の女性、といえば、わかってもらえるだろうか?、アラバマ州というブラックのメッカ南部で生まれ育った、ライス国防長官は、『カトリーナによって被害を受けた人々は、人種問題と貧困であえぐ南部を"in a very ugly way" でさらけ出した』というくらい、政府高官までアメリカのアメリカのねじれた社会構造を認めている(CNN記事)。

一体誰がこの貧困層を野放しにして、税金をイラクのわけのわからない戦争に捨ててるのか?というのが、問題かもしれない。

10人に1人しか車をもてないといわれているこの貧困層の殆どがブラックであって、保険にも加入できない人々ばかりだ。こんな物があふれるアメリカでこのような貧困層が現実にあって、しかも、災害がくれば全部殺されてしまう。今回のハリケーンはこの点を浮き彫りにしたところに根の深いダメージを残したのだろう。カトリーナもカトリーナでどうせ来るなら、去年の選挙間の前までに来て欲しかったが・・。いや、失言失礼。

今日のワシントンポスト/ABCのPOLL(記事)では、ニューオーリンズに住む人がホワイトでしかも裕福な人ばかりだったら連邦政府はもっとすばやく対応したか?との問いに、4人に3人のホワイトは、『そんなことはない』と、否定しているにもかかわらず、約75%のブラックは『白人だったら、もっと早く助けたに違いない』とはっきり考え方が分かれている。肌の色にかかわらず皆平等、この言葉の裏に、このような現実が。あるのがアメリカかもね。

俺様なんかアメリカに来て、掃除や清掃業をしている人の殆どがブラックであることをずっと見ていれば、これも素直に頷ける結果だ。
←ここをクリックして『人気ブログランキング』に1票
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/28-d9e14d88

2件のトラックバック

[T6] 54パーセントという数字があらわす、アメリカ人の怒り

ワシントンDCの市緊急事態対策本部のスタッフからようやく電話があり、市内の軍用倉庫に設けられた避難所で生活を送る被災者の話を少しした。数日前、ワシントンDCにやって来た被災者にインタビューをできないかと考えた僕は、関係者に連絡をして色々と情報を集めていたんだ

[T7] ある役所の物語 -民営化と統合-

1979年にカーター大統領によって設立されたFEMAの使命は、理論上、国家に対する「すべての危険」について最悪のシナリオを扱うことだった。1980年代、レーガン政権は、戒厳令に近いと評された異常な力をFEMAに賦与したが、1992年8月、ハリケーン「アンドリュー」に対

2件のコメント

[C74]

カトリーナの及ぼした影響は死者を出しただけではなく、
そういった人種差別をも浮き彫りにした形になってしまい
ましたね。恐るべし威力です。

ライス国防長官は、女性であること且つ白人でないことで
私的にはかなり前から気になる存在でした。。。
  • 2005-09-14
  • sakurako
  • URL
  • 編集

[C75]

あのライスって人は、クリントンの時代の国務長官だったオルブライトの教え子で飛び級で大学を卒業して、政治で学位をとった後、政界に入るのだが、もともと今のブッシュの父親に登用されたのがきっかけ。それ以来このブッシュ家に使えている人で、アフリカのある国のムガベ大統領に言わせると、黒人のくせに白人に魂を売ったとまで言われた人らしいです。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

simple digital clock


X-DAY

Flashカレンダー

ブログ内検索

プロフィール

露と落ち 露と消えにし
わが身かな
浪速のことも 夢のまた夢
豊臣秀吉
人生なんて、そんなものかもね

stayus

Author:stayus
【ブログランキング参加中】


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

FC2 Blog アメリカ・カナダ・ハワイ ランキング

アフィリエート・広告

edita.jp【エディタ】

Google PageRank

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。