Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/20-fbfd4e91

-件のトラックバック

-件のコメント

[C36] 盗むと見つける

報道の恐ろしさってやつですね。
日本でもこの類のやつがたくさんあると思っています。
報道する視点や立場で物の見方や書き方って違ってきますよね~。
でも、アメリカではその辺がホントにはっきりしていますね~~。
とても先進国なのに、そういう考え方は根強いものがあるから、びっくりです。
  • 2005-09-07
  • sakurako
  • URL
  • 編集

[C37]

@いつも、コメント頂き感謝です。日本は基本的に日本人中心の社会だから、何が何でも、日本人が最優先されるけれど(その良し悪しは別としても)、アメリカの多民族国家になるとマイノリティーの迫害によるレイシズムには非常に敏感ですね。現に、日本からアメリカにきて、俺様もマイノリティーになったので、なんか日本では感じないような疎外感を強く感じるときもあるしね・・。

[C50]

ようするに先進国じゃないんでしょ、アメリカって

[C53]

そうですね。結構、表向きと内情ではぜんぜん違うし、住んでいる人も結構頑固な人多いですから・・。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

looting vs finding

カトリーナの影響で大いにゆれるアメリカだが、今アメリカでちょっと問題となっているこの2つの写真をキャプションとともに紹介しよう。
katrina_black.jpg
katrina_black_ap.jpg

katrina_white.jpg
katrina_white_afp.jpg

カトリーナのもたらした災害や被害の様子を捉えた写真は数え切れないぐらい報道されているが、そのなかでも、どうやら、食べ物をどこかで金を払わずに取ってきた、つまり、盗んできた(英語ではlooting)らしい人たち、上はブラックで、下はホワイトのカップルを捕らえた写真の対比は、それに添えられたキャプション(コメント文)とともに、アメリカのブロガーや書き込みで話題になっているとか・・。

このキャプションを詳しく読んでもらえれば、わかるが、胸までつかえる水の中で汚いゴミ袋を引きずりながら、脇にペプシのケースを抱えるブラックの少年の写真はAP(Assoicate Press)によるもので、 "A young man walks through chest-deep flood water after looting a grocery store in New Orleans on Tuesday, Aug. 30, 2005."と、はっきり、『盗んできた後で』と、書かれている。
記事ソース

これに対して、AFP(Agence France Press)による同様に水に浸かりながら、パンを持って歩くホワイトのカップルの写真では、"Two residents wade through chest-deep water after finding bread and soda from a local grocery store after Hurricane Katrina came through the area in New Orleans, Louisiana." と、今度は、『見つけてきた後で』とだけ書かれている。(記事ソース

クリティシズムは、どうして、ブラックは"looting"で、ホワイトは"finding"なのか?という事だ。boingboingのライターによれば、これらの写真はまったく別の写真家によって取られたもので、それぞれの通信社で配信さているらしい。また、AP社によれば、ブラックの少年がペプシを盗むのを目撃したとのことである。しかし、考えてみれば、この災害の真っ只中にどこに、お金を払ってパンとソーダを売ってくれるお店が営業しているはずもないのに・・?ブラックだけをlooting扱いにするのは、全くおかしな話でしょ?

両社ともそう言った意図は否定しているものの、どう見たって、この報道は・・・????、といいたくなるような・・。
まぁ、やっぱり、世界はホワイト中心なのでしょうか??

今日のNBCのInsideと言う番組によると、先日の被災者コンサートでラッパーのkanyeが激怒した(ブログ記事)のもこのことが一因であると報道していたが、アメリカで、この論争は、『looting vs finding』と言われ、人種問題を象徴する話題になっているのようだ。

←ここをクリックして『人気ブログランキング』に1票
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/20-fbfd4e91

0件のトラックバック

4件のコメント

[C36] 盗むと見つける

報道の恐ろしさってやつですね。
日本でもこの類のやつがたくさんあると思っています。
報道する視点や立場で物の見方や書き方って違ってきますよね~。
でも、アメリカではその辺がホントにはっきりしていますね~~。
とても先進国なのに、そういう考え方は根強いものがあるから、びっくりです。
  • 2005-09-07
  • sakurako
  • URL
  • 編集

[C37]

@いつも、コメント頂き感謝です。日本は基本的に日本人中心の社会だから、何が何でも、日本人が最優先されるけれど(その良し悪しは別としても)、アメリカの多民族国家になるとマイノリティーの迫害によるレイシズムには非常に敏感ですね。現に、日本からアメリカにきて、俺様もマイノリティーになったので、なんか日本では感じないような疎外感を強く感じるときもあるしね・・。

[C50]

ようするに先進国じゃないんでしょ、アメリカって

[C53]

そうですね。結構、表向きと内情ではぜんぜん違うし、住んでいる人も結構頑固な人多いですから・・。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

simple digital clock


X-DAY

Flashカレンダー

ブログ内検索

プロフィール

露と落ち 露と消えにし
わが身かな
浪速のことも 夢のまた夢
豊臣秀吉
人生なんて、そんなものかもね

stayus

Author:stayus
【ブログランキング参加中】


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

FC2 Blog アメリカ・カナダ・ハワイ ランキング

アフィリエート・広告

edita.jp【エディタ】

Google PageRank

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。