Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/185-eb629b1f

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

3例目がでたね。

今日は暑い、3月だというのに気温が80Fまで上がった。なんか真夏みた
いで、今も暑苦しい。

最近、というか、結婚してからは妻が料理を作ってくれるので、昔のように牛肉の塊を買ってきて、1週間ステーキを食べる、という無茶な食生活は格段に解消されたが、食べる量が増えたのか、体重の方もうなぎのぼり。まぁ、それは、さておき、この牛肉だが、俺は別に狂牛病が怖いわけでも無いし、いまさら別に意識してどうこうしようという気も無い。この前もブログに書いたが、アメリカじゃ、狂牛病のことなど話題にならない。日常生活でも、マスコミでも・・。むしろ、鳥インフルエンザは毎日のようにニュースを賑わせているのとは、好対照かもしれない。

しかし、日曜日に狂牛病の疑いを持たれたアラバマ州の乳牛は、月曜日の今日、再検査でアメリカで第3例目の狂牛病として認定された。以前よりもマスコミが騒ぎ始めたような気がする。

最近、日本のおかげでBSEに対する関心がアメリカでも強くなってきたように思う。BSEは日本では一般的に使われる言葉だが、アメリカではなじみが薄い。こちらでは、そのままMad Cow Diseaseといわれることのほうが多い。どうして日本のおかげかというと、アメリカの牛肉の一番の得意先は日本だったからだ。それが、このところのMad Cowのおかげで全く牛肉が売れないのだ。

CBSの今日のニュース(記事)では、日本からの特派員のレポートして、『今日、日本では、「アメリカで3例目の狂牛病が発見」をトップ扱いしてる』と報道、さらに、"if the news shakes the confidence of the Japanese consumer, this billion dollar market could vanish yet again" (訳「もしこのニュースが日本の消費者の(アメリカ牛への)自信を揺り動かすなら、ビリオンダラーマーケット(数十億ドル市場)がもたもや遠のいていく」)と。つまり、狂牛病の問題が長引き日本からの信頼が回復出来なければ、食肉業界が受ける打撃は計り知れない、という恐怖がだんだん浸透してきたよう。

現に、NBCのサイトでは(記事)、狂牛病の検査頭数の推移を報告していた。
bse1.jpg

狂牛病の検査が実施された牛の数は、右のグラフによれば、日本がアメリカからの牛肉の輸入を禁止した2年ほど前から、急速に増加している。しかし、日本が要求する全頭検査までは、程遠いのが現状だ。理由は、家畜として飼われている牛の数が日本とは比較にならないほど多いからだ。この記事では、アメリカで買われている牛、約9500万頭。約1億頭で日本人の人口とほぼ匹敵する。このうち、今週の月曜日までに、検査されたのは、65万頭あまりだそうだ。アメリカ農業省では現在、何頭検査すれば、全体の狂牛病の数が正確に見積もれるのか、検討しているらしい。

どちらかといえば、これほど農業に依存していながら、対策があまりにも遅れていると思える背景にはこういった家畜の数の問題と汚染が確認されたときに受ける経済的なダメージが計り知れないというところにあるのかもしれない。何かにつけて、楽観的なアメリカ人気質がそうさせているのかもれ知れない。

俺的には、こういうある意味のんきなほど楽観的でおおらかなアメリカ人気質が好きだ。それに、これだけハンバーガーを食べてる国民なら、狂牛病の牛の肉を食べてvCJDになるなら、もうとっくにみんな狂牛病になっていてもおかしく無いと思うけどね、まぁ、最も毎日何人も狂牛病にかかってるのかもしれないけど、一体、誰に本当のことがわかるのだろうか?

狂牛病についてなんとなくわかったという人は、今日もよろしく1票。

←ここをクリックして『人気ブログランキング』に1票
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/185-eb629b1f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

simple digital clock


X-DAY

Flashカレンダー

ブログ内検索

プロフィール

露と落ち 露と消えにし
わが身かな
浪速のことも 夢のまた夢
豊臣秀吉
人生なんて、そんなものかもね

stayus

Author:stayus
【ブログランキング参加中】


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

FC2 Blog アメリカ・カナダ・ハワイ ランキング

アフィリエート・広告

edita.jp【エディタ】

Google PageRank

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。