Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/156-afea7bde

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

増える、増える・・

昨日は、妻が通うクリニックの先生の家でパーティーに呼ばれて、寿司と刺身
を食ってきた。近くの日本レストランで注文したという事だが、大皿に刺身と寿司が綺麗に並べられていた。結構味も良くて、俺は満足。まぁ、アメリカ人も何人も来ていたが、やっぱり刺身や寿司を食べた事無い人も何人書いた。60をはるかに超えたアメリカ人のおばぁちゃんはマグロの寿司を見て、『これはどこから来たのか?』というから、『俺はどこの海か知らないが、マグロだ』と答えたら、『わさびはこれくらいでいいのか?』と親指の爪ほどのわさびの塊をマグロの上につけようとするので、『いや、まって、それは多すぎる』と減らさせて醤油を掛けてやると、フォークでいきなりマグロの握りを突き刺して食べていた。

まぁ、それはさておき、世界の人口がなんと65億人を突破したらしい(記事)。NBCのウェブサイトによると、突破したのは25日の土曜日のアメリカ東部時間で午後7時15分。どうやって時間を知るのかというと、世界人口時計というのがある(見たい人は、こちらからどうぞ)。世界の人口が時間のように増えていくのが良くわかる。俺はさっき見ていて、こんな勢いで世界の人口が増えているのかと思うと、目が回るような気がしたが・・・。

さらに記事によれば、アメリカ国勢調査期間の試算では、今から6年後の2012年10月18日、アメリカ東部時間午後4時36分に、世界人口が70億人を超えるという。この世界人口65億人、2004年の調査を元に計算すると、1900年始めの人口の約3.5倍で、1960年の人口の約2倍に相当するらしい。人口が50億人から60億人に増えるの、たった12年ほどしかかからなかった。西暦1000年、つまり今から1千年ほど昔、日本が平安時代であった頃の世界人口はたったの3億人らしいから、今世紀にどれだけすさまじい勢いで人口が増えたのかが良くわかる。ちなみに、世界人口は1分当たり261人づつ増加しており、増加率は減少するものの2050年には、世界人口が現在から30億人増えて90億人に達するというのだから、すごい。

日本でもそうだが、ヨーロッパを中心とする先進国では人口は減少する傾向にありが、未だ開発途上にある国では人口の増加傾向、つまり、世界人口のトレンドは2極化しているということ。ただ1つだけ今も昔も変わらない事実があるとすれば、それは、"Populations are growing most rapidly where such growth can be afforded the least" (訳『人口は、その成長を支える余裕が最も少ないところで、最も急激に増える』)という事らしい。

世界人口時計を見てぐるぐる目が回ったという人はどうか1票ヨロシク。

←ここをクリックして『人気ブログランキング』に1票
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/156-afea7bde

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

simple digital clock


X-DAY

Flashカレンダー

ブログ内検索

プロフィール

露と落ち 露と消えにし
わが身かな
浪速のことも 夢のまた夢
豊臣秀吉
人生なんて、そんなものかもね

stayus

Author:stayus
【ブログランキング参加中】


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

FC2 Blog アメリカ・カナダ・ハワイ ランキング

アフィリエート・広告

edita.jp【エディタ】

Google PageRank

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。