Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/127-08957a66

-件のトラックバック

-件のコメント

[C216] う~ん

ひねくれているのかもしれませんが、何か素直に頷けないものがありますねえ。stayusさんの言うことが信用できないというわけではないんですが。経験不足で(笑)よく把握していませんが、こちらではとにかく罰金を払わないと始まらない、というルールだった気がするんですが・・・。

[C217]

T-macさん、いつもコメントありがとうございます。そうですね、T-macさんの住んでいるところとはシステムが違うのかもしれません。メリーランドの場合は、とにかく違反常習者じゃない限り、メジャーなムービングバイオレーションのチケットをもらった場合は、コートに出廷する人が多いですね。私も、そういわれてこちらでしゅっていしたことありますね・・・
  • 2006-01-27
  • @stayus
  • URL
  • 編集

[C219]

違反切符シリーズ、参考になります。自分は幸いまだ一度も捕まったことがないんですが、飛ばす方なんでここでよく勉強します。ってスピード落とすのが一番なんですが。(笑)

[C221]

シリーズ?化するするつもり無いのですが・・・ははっは;;;。つかまらないようにしたいです。
  • 2006-01-31
  • @stayus
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

スピード違反の実際

今日、やっと弁護士から連絡があった。先週の木曜日に裁判所に俺の変
わりに出廷してくれるように頼んであったからだ。

このブログでもしばらく前に書いたけど(過去ログ)去年の年末にサウスカロライナに旅行したときにスピード違反でポリに捕まってしまったのだ。結構痛かった。

こんな事は自慢ことではないが、もちろん俺にとっては初めてでない。初めてでないからこそ、過去の経験が生きるのだ。人間は過ちからいろいろな事を学ぶと言うがまさにその通りだ。アメリカに来て3週間で右も左もわからなかった頃、当時住んでいたジョージア州からサウスカロライナにドライブしたときに一般道で、時速25マイルオーバーで切符を切られた。市街地の手前で制限速度が時速50マイルから30マイルに切り替えれており、そのサインを見落とした俺は、時速55マイルで走り続けて、御用。英語もままならなかった俺は、警官に言われていることが理解できずに、反則切符を切られ、家に帰って次の日に罰金100ドルをマネーオーダー(日本で言う郵便為替のようなもの)即、郵送したのが懐かしい。しかし、これがすべての間違いだった事に気づくのは、それから2年後にメリーランドに移動してからだ。メリーランドで新規に保険会社に加入したとき、この罰則が俺のドライバーズヒストリーに記録されていたため、通常5年消えない、保険会社がこれを調べて、自動車保険を上げてきた。通常の1.5倍~2倍だ。

つまり、この国では、たいていの州では時速にして20マイル以上の速度超過は危険運転とみなされ、事故の確率が高めに設定されるため、掛け金も上がるというシステムをとっているのだ。つまり、事故を予防すると言う点では日本より合理的だ。俺の失敗は、罰金を支払ったことだったと、気づくまでしばらくかかるのだが、つまり、反則切符を切られて罰金を支払うと、その時点で無条件で自分で罪を認めた事になるからだ。日本ではごく当たり前の常識も、アメリカでは異なる。アメリカでは、殆ど人が金を払わずに、与えられた期日に裁判所へ出廷するとうのだ。メリーランド州の場合、過去5年間に違反がなければ、たいてい場合、反則が軽減されるか、状況をうまく説明して判事の理解を得られれば、反則が消えたりする事もある。

出廷した場合、右手を上げて、「私が神に誓って真実を述べます」と、宣誓をさせられる。その後、次の3つのうちから自分の立場を述べる。
1.私はギルティー
2.私はギルティーだけど、言い訳したい
3.私はギルティーじゃない。

で、判事の判断を受けるわけなのだ。
何で詳しいの?、と言われると、実際に出廷した事あるからだけど、・・。

まぁ、で、話は横にそれたが、今回の違反もやはりサウスカロライナ。
まぁ、俺は、どうもサウスカロライナが鬼門らしい。裁判の日は1月19日だった。仕事もキツイし、大体、車で片道10時間もかかるところへそうそう易々と出廷など現実問題できるはずも無いじゃないか?

しかし、過去の轍を踏むわけには行かないので、俺は、あちこちに問い合わせた結果、サウスカロライナのBAR(弁護士協会)へ電話を入れた。そこで、俺が捕まった田舎の裁判所近辺の弁護士を探し当てた。

電話したら、なんと、弁護費用がフラットで300ドルプラス反則金全額180ドルを請求された。それをフェデックスで送れと言うのだ。俺は、相場から行って高い?じゃ無いの?と思いつつも、田舎のために、他に候補になる弁護士が見当たらない。実際に自分で妻を連れてサウスカロライナまで車で出廷した費用を計算。大体出廷時刻が午後3時のため、2泊3日のプランで行くとなれば、軽く300ドルはかかる。

これは、頭の痛い選択だったが、結局のところかかる時間を節約できると言う事で、最終的に依頼。かなりぼられた気になったが・・・。

依頼の意思を伝える電話をすると、

俺:「で、お願いしたいのですが・・・」
弁護士:「最初に言っとくけど、決してポイントがなくなるわけでも無いし反則金がチャラになるわけでは無いから・・」
俺:「あぁ、そうなんですか?」
弁護士:「ファックスで反則切符送ってくれない?」

次の日、俺はファックスで反則切符をFAXすると、弁護士から電話がかかってきて、反則切符にサインされている俺を捕まえた警官の名前を見て、

弁護士:「あぁ、この警官知っているから、何とかなると思うよ。今いえることは、時速20マイルオーバーを時速超過10マイル以下の反則に軽減、それで、罰金は180ドルから、約100ドルぐらいに減らせるよ。おれの15年の経験から、間違いないから・・」

まぁ、そうですか?、と言うしかない。
なんで、起こる事が決まっていると言わんばかりの予定調和的回答。

実際にこの軽減によって自動車保険の値上がりが最小限に抑えられるなら、これも致し方ない投資か・・・?

俺は、この弁護士に正式に依頼をし、費用合切を送付した。しかし、19日の出廷の日が終わっても電話一本もなく、今週の月曜日にこちらから電話して火曜日に伝が来るまで音沙汰なし。電話で話を聞けば、

弁護士:「時速20マイルオーバーを時速超過10マイル以下の反則に軽減、罰金は180ドルから、約100ドルぐらいに軽減。差額80ドルはお返しします。」

全く、そのままやんけ?
ホンマに、出廷したんか?と、言いたくなったが・・

まぁ、違反で捕まれば、地方自体体も潤うし、弁護士も潤う。更に、軽減されたとはいえ、保険もいくらかはあがるわけだから、保険会社も儲かる。世の中、共栄共存だね。

←ここをクリックして『人気ブログランキング』に1票
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/127-08957a66

0件のトラックバック

4件のコメント

[C216] う~ん

ひねくれているのかもしれませんが、何か素直に頷けないものがありますねえ。stayusさんの言うことが信用できないというわけではないんですが。経験不足で(笑)よく把握していませんが、こちらではとにかく罰金を払わないと始まらない、というルールだった気がするんですが・・・。

[C217]

T-macさん、いつもコメントありがとうございます。そうですね、T-macさんの住んでいるところとはシステムが違うのかもしれません。メリーランドの場合は、とにかく違反常習者じゃない限り、メジャーなムービングバイオレーションのチケットをもらった場合は、コートに出廷する人が多いですね。私も、そういわれてこちらでしゅっていしたことありますね・・・
  • 2006-01-27
  • @stayus
  • URL
  • 編集

[C219]

違反切符シリーズ、参考になります。自分は幸いまだ一度も捕まったことがないんですが、飛ばす方なんでここでよく勉強します。ってスピード落とすのが一番なんですが。(笑)

[C221]

シリーズ?化するするつもり無いのですが・・・ははっは;;;。つかまらないようにしたいです。
  • 2006-01-31
  • @stayus
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

simple digital clock


X-DAY

Flashカレンダー

ブログ内検索

プロフィール

露と落ち 露と消えにし
わが身かな
浪速のことも 夢のまた夢
豊臣秀吉
人生なんて、そんなものかもね

stayus

Author:stayus
【ブログランキング参加中】


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

FC2 Blog アメリカ・カナダ・ハワイ ランキング

アフィリエート・広告

edita.jp【エディタ】

Google PageRank

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。