Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/119-646cc82c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

絶滅する蛙

今年の冬は去年の暮れから幾度か雪が降って、寒い冬の到来を予感
させていた。しかし、年が明けてからは、打って変わって暖冬になった。今週ここメリーランドでも気温が60F以上になるなど、春の陽気だ。地球温暖化はもう誰も疑う余地の無い事実のような気がするが、今日のワシントンポストにこんな記事があった。

記事によれば、地球の温暖化によって蛙が絶滅の危機に瀕していると言う。Natureに報告されたこの論文によると、ラテンアメリカでは、一体この地域に何種類の蛙が生息するのか知らないが、1980年以来、112種の蛙が既にこの地球から去っていったと言うのだ。俺もすこしびっくりしたが、既に地球の温暖化は自然界を蝕み始めているようだ。

蛙をはじめとする両生類が気温の上昇と気候の変化に敏感な理由として科学者らは、その原因が透過性の高い皮膚の構造にあると分析している。コスタリカの熱帯センターで働くPounds氏は、気温の上昇が有毒なカビの蔓延しその胞子の飛散を助長してている。拡散したカビが蛙の皮膚で増殖し皮膚組織や歯に致命的な損傷を与え、精製する毒素によって蛙が死に至らしめられるのだという。気温が上がれば、空気中に含まれる水蒸気は増加し、このことは結果的に日中の気温を下げ、夜間の気温を上げる事になる。その結果、有毒なカビが生えるための絶好の環境を与えると言うわけ。環境破壊によって、有毒な胞子が蔓延するなんて、まるで宮崎駿の「ナウシカ」の死海を思わせるようなストリーじゃないか?

実際に原著論文を読んでいないので、細かいデータは把握してない。しかし、彼が言うには、人間の活動による急速な環境の変化は、ある種の生物には致命的な影響を与えているようだ。

とにかく、もうどうする事も出来ないが、少なくともこの国アメリカにはもっと真剣に環境に対して取り組んでもらいたい。

←ここをクリックして『人気ブログランキング』に1票
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/119-646cc82c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

simple digital clock


X-DAY

Flashカレンダー

ブログ内検索

プロフィール

露と落ち 露と消えにし
わが身かな
浪速のことも 夢のまた夢
豊臣秀吉
人生なんて、そんなものかもね

stayus

Author:stayus
【ブログランキング参加中】


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

FC2 Blog アメリカ・カナダ・ハワイ ランキング

アフィリエート・広告

edita.jp【エディタ】

Google PageRank

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。