Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/102-ca3a558c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ホテルも全面禁煙

先月までは、暖冬かと思わせるほど暖かかったが、今月に入って急に寒
くなった。今日も昼過ぎから降った雪は、仕事から帰る頃には5センチ程度積もっていた。

俺は若い頃はタバコをパカパカ吸っていたが、アメリカに来て2年も経たないうちにやめてしまった。理由は簡単、アメリカでタバコを吸うには根気が必要だったからだ。

日本も今はそうなのかもしれないが、俺がアメリカに来た頃は、すでに公共の建物の中でタバコを吸うこと殆ど不可能に近い状態だった。空港、駅、ビル、レストランなど、タバコを無条件で吸える場所は殆どなかった。職場でタバコを吸うには、外に出て、灰皿のあるところまで行かなければならず、しかも、タバコを吸っているところを見られると、必ずあちこちでろくな事を言われない。さらに、タバコを吸い終わって、ラボに戻ると周りの人の反応がすごい。俺の体から発するタバコの匂いにみんなとても嫌な顔する。これも、耐えられない理由だった。

さらに、タバコをアメリカで20本入り1箱買うと、最低でも4ドルほどする。カートンで買うと少しは安くなるが、当時の日本のタバコに比べるとかなり割高感があった。

そんな俺も、今では、タバコの匂いを嗅ぐのも嫌なくらい嫌煙家になってしまった。ホテルに泊まるときは必ず禁煙ルームだ。今の日本でホテルで禁煙ルームがあるのかどうかは知らないが、アメリカでは、予約のときに選ぶのがごく一般的だ。そのサービス業の代名詞でもあるホテル、アメリカ最大手の1つWestinチェーンが、来年から所有するすべてのホテルのルームを禁煙にすると発表した(記事)。全面的に客室を禁煙にするケースはこれが始めただと言う。

かなり大胆な方針だが、しかも室内でタバコを吸った場合には$200の罰金を科すという制裁つき。現在、77チェーンで2400室ある喫煙ルームを徹底的にクリーンアップしているらしい。Westinによると、現在でもホテルを予約する人の92%が禁煙ルームをリクエストするといい、禁煙ルームが取れない場合は逆上する客もいるとか・・、。

この方針に他社は様子見気分だが、大手のマリオットは現在客室の85%が禁煙で、残りを喫煙ルームとしておく方針に代わりはないという。

これによって、客が減るのか増えるのかは知らないが、タバコを吸わないヒトには、タバコ臭くない客室は快適に違いない。

←ここをクリックして『人気ブログランキング』に1票
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://stayinus.blog21.fc2.com/tb.php/102-ca3a558c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

simple digital clock


X-DAY

Flashカレンダー

ブログ内検索

プロフィール

露と落ち 露と消えにし
わが身かな
浪速のことも 夢のまた夢
豊臣秀吉
人生なんて、そんなものかもね

stayus

Author:stayus
【ブログランキング参加中】


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

FC2 Blog アメリカ・カナダ・ハワイ ランキング

アフィリエート・広告

edita.jp【エディタ】

Google PageRank

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。